MENU

目黒川の桜2023!ライトアップや屋台は出る?混雑状況や穴場・駐車場も!

目黒川の桜2022!ライトアップや屋台は出る?混雑状況や穴場・駐車場も!
  • URLをコピーしました!

今回は東京都だけでなく、全国お花見人気ランキングNo1目黒川の桜について、2022年最新情報をお伝えします。

目黒川の桜は、目黒川沿いに約4kmほど続く桜並木です。

左右の川岸から桜が重なりあって織りなす桜のトンネルはまさに絶景、川辺に写る桜もとっても素敵ですよ。

また、目黒川沿いには個性豊かなショップもたくさんあり、お花見だけでなくショッピングも楽しめちゃうのも魅力の一つです。

さらに夜になるとぼんぼりやライトアップで幻想的な夜桜を楽しむこともできます。

この記事では、2023年目黒川の桜ライトアップや屋台など、桜まつりの開催状況を含めてお伝えしていきますね。

この記事を読んで分かること

目黒川の

  • 2023年の桜のライトアップ
  • 混雑状況
  • 桜鑑賞穴場スポット
  • 駐車場を含めたアクセス方法 など
目次

目黒川の桜2023!桜まつりのぼんぼりやライトアップはいつから?

毎年、目黒川の桜まつりではイベントや屋台の出店と共に夜桜のライトアップや、ぼんぼりの設置が行われます。

光に照らされた美しい桜もとても幻想的ですよ。

屋台のグルメを食べながら、ライトアップされた美しい桜を見て回るのも最高です。

残念ながら、2022年は「目黒イーストエリア・桜祭り」、「中目黒桜まつり」ともに中止が発表されました。

2023年は開催を期待しましょう。

ぼんぼり

目黒川の桜の楽しみの一つでありぼんぼり

残念ながら2022年もぼんぼりの設置は中止となりました。

2年連続での中止となり非常に残念ですよね。

こちらも2023年に開催に期待したいですね。

例年ですと、中目黒駅から池尻大橋駅方向の上流に3000個のピンクと白のぼんぼりが照らされます。

このぼんぼりの特徴は個人で申し込むことができ、自分の好きな言葉を書くことができるんです!

自分が書いたぼんぼりを探しながら夜桜を楽しむのもいいですね。

ぼんぼりは1個2500円、 500個限定。

申し込みは中目黒駅前商店街公式サイトです。

2023年はぜひ設置されることを期待して、可愛いぼんぼりを見たいですよね。

ライトアップ

そして目黒川の桜のライトアップも気になりますよね。

2022年のライトアップ開催は中止となりました。

例年のライトアップ情報はこちら。

場所:天神橋から宝来橋  中目黒駅から池尻大橋駅方向の目黒川沿い

期間:3月下旬~4月上旬

時間:日没~21時頃

ちなみに2021年もライトアップは中止となっていました。

2020年は、3月20日~4月10日までライトアップされていましたよ。

ライトアップされた目黒川は一面ピンク色に染まっているようでとても綺麗ですよね。

2023年こそは、ライトアップされた夜桜を見られることを期待しています。

目黒川の桜2023で屋台は出る?

お花見といえばやっぱり屋台!

例年であると桜並木沿いにたくさんの屋台が出店しますが、2023年、屋台は出店するのでしょうか?

2022年は桜まつりの開催中止に伴い、屋台の出店も自粛となりましたが2023年は桜まつりが開催されれば例年どうり出店されるのではないかと思います。

コロナ禍以前にはどんな屋台が出ていたのかまとめてみました。

  • ケバブ
  • 生牡蠣
  • チーズダッカルビ
  • あまから手羽やチキン南蛮
  • 苺入りのシャンパンやワイン・ビール
  • 抹茶わらび餅や三色団子 など

なんとも美味しそうなメニュー!

お祭り雰囲気の屋台はもちろんですが、ちょっとおしゃれな感じの屋台もたくさん出店しています。

美しい桜を見ながらお酒やグルメを味う至福な時間を過ごしたいものです。

ちなみに2021年は桜まつりが中止となり、屋台は自粛要請はあったものの少しだけ出店していました。

一体どの辺に出店されるのでしょうか?

中目黒駅から池尻大橋駅までの目黒川沿いに多く出店されています。

また、目黒川沿いは住宅の合間にも、いくつかの屋台やキッチンカーなどの移動販売も出店されますのでそちらも見逃せませんね。

目黒川の桜2023の見頃や開花状況

目黒川の桜の例年の見頃は3月下旬から4月上旬頃です。

目黒川に沿って約4kmにわたり800本もの桜並木は、東京都だけでなく全国1位のとても人気の高いお花見スポットです。

ちなみに2022年の開花日は3月20日、満開日は3月26日となっていました。

気になる2023年の開花予想は?

2023年は3月20頃に開花満開は3月26日ではないかと予想しています。

昨年と同時期の開花・満開となりそうですね。

最新の開花状況は、日本気象協会のホームページから天気予報とあわせて見ることができますよ。

3月23日時点での開花状況はこちら

すでに桜が咲き始めていますね!

ライトアップはありませんが、街灯に照らし出された夜桜もキレイですよね。

ライブカメラでもチェックできる!

目黒川はライブカメラが設置されています。

桜の開花状況や混雑具合などリアルタイムで楽しむことができますよ。

目黒川の桜(花見)はどこからどこまで?

目黒川の桜並木は、「目黒エリア」と「品川エリア」の2つの大きなエリアに分かれます。

目黒エリア

目黒エリアの桜並木

 「池尻大橋駅近くの大橋から目黒駅近くの太鼓橋付近まで」の約4kmの区間です。

普通に歩いても1時間くらいかかります。

池尻大橋駅近くにある赤色の「中の橋」は人気の撮影スポットとして有名です。

ピンク色の桜の中に赤色の橋はより一層華やかに見えますよね。

中目黒駅付近は屋台が多く出ていてお祭り気分を味わえます。

品川エリア

品川エリアの桜並木

「目黒駅と五反田駅の真ん中付近にある亀の甲橋から新馬場駅と天王洲アイル駅の間の昭和橋付近まで」の約4kmの区間です。

こちらの4kmの区間にも約550本の桜並木があります。

途中公園も多く、のんびりお花見を楽しむことができます。

お祭り気分を味わうなら「目黒エリア」がよさそうですね。

のんびりと桜を楽しみたい方は「品川エリア」がおすすめです。

最新の桜開花状況は、日本気象協会HPで天気予報と一緒にチェックできます。

目黒川の桜(花見)2023の混雑状況や混雑を避ける方法

例年ですと、約300万人もの人が訪れる目黒川の桜。

混雑具合が気になりますよね。

桜の見頃期間中は1日中混雑しています。

全国トップクラスのお花見人気スポット、特に土日は全国から多くの方が訪れます。

時間のピークは10時から16時頃です。

人気があるので混雑しているのは仕方ない、でも混雑を避けたい!

平日の9時頃を目安に行ってみましょう。

また、目黒川の桜を楽しむにはいくつかのアクセスがあります。

特に混雑する駅は中目黒駅なので、

  • 池尻大橋駅
  • 代官山駅
  • 目黒駅
  • 不動前駅

を利用するのもおすすめです。

利用する駅を変えるだけでも混雑は緩和されます。

目黒川の桜(花見)2023の穴場スポットは?

目黒川の桜を楽しむのは桜並木だけではありません。

付近には公園や寺社も多々ありますので、いくつかをご紹介します。

瀧泉寺(通称:目黒不動尊)

 所在地:東京都目黒区下目黒3丁目20-6

 境内のいたることろで桜の景色を楽しめます。

 仁王門前には見事な桜が、大本堂付近には菜の花も咲き、ピンクと黄色のコントラストが春らしさを感じさせますよ。

中目黒公園

 所在地:東京都目黒区中目黒2丁目3-14

 目黒川近くにある公園です。

 芝生の広場がありますのでお子様連れにはおすすめのお花見スポットです。

 また桜以外の花々も楽しめます。

かむろ坂通り

 所在地:東京都品川区西五反田4丁目28

 「不動前駅」から歩いてすぐのかむろ坂通り。

 約500mの桜並木はまさに圧巻!

 例年だと「かむろ坂さくらまつり」も催されます。

 2021年は中止となっておりました。

今年こそはお祭り気分のさくらまつりを楽しみたいものですね。

目黒川の桜(花見)2023はクルーズもおすすめ

目黒川には桜の時期にお花見クルーズが運航されます。

水上から見上げる桜は地上から見る桜とはまた違った感覚で楽しむことができます。

目黒川の中から桜のトンネルを楽しむのはいかがですか?

お花見クルーズ

  • 運航会社:株式会社ジール
  • 運航期間:3月から4月
  • 運航時間:70分
  • 利用人数:1名より予約可能
  • 最大乗船人数:40名 (感染状況により変動あり)
  • 料金:大人4500円/小人4000円(4~12歳未満)早期割引あり→大人3900円/小人2900円

ちなみに2021年は3月19日から4月11日まで運行していました。

屋根のない開放的な船で、定員を減らしながら運航されるので、ゆったり楽しむことができそうですね。

気になる方は是非チェックしてみてください。

目黒川お花見クルーズ>>

目黒川の桜のアクセス方法・最寄り駅は?

目黒川

所在地:東京都目黒区大橋一丁目10番地先~目黒区下目黒二丁目9番先

めぐろ観光まちづくり協会(03-5722-6850)

目黒川の桜ですが以下5つの駅からアクセス可能です。

  1. 東急東横線・東京メトロ「中目黒駅」徒歩1分
    • 目黒川中流付近で、屋台も多く、一番賑わっています。
  2. 東急田園都市線「池尻大橋駅」徒歩3分
    • 目黒川上流付近で、中目黒駅ほどの混雑はありません。
  3. 東急目黒線・JR山手線「目黒駅」徒歩5分
    • 目黒川下流付近で、屋台も少なく、ゆっくり桜並木を散策するにはおすすめです。
  4. 東急東横線「代官山駅」徒歩6分
    • 混雑回避には代官山駅の利用が良いかもしれません。
  5. 東急目黒線「不動前駅」徒歩5分
    • 目黒川下流付近で、比較的混雑していないです。

目黒川の桜2023の駐車場

目黒川周辺の駐車場はコインパーキング等の有料駐車場となります。

ただ目黒川周辺は駐車場が少なく停められる台数も少ないので、できれば電車でのアクセスをおすすめします。

一部ご紹介します。

三井のリパーク目黒東山1丁目駐車場

  • 所在地:東京都目黒区東山1-1-8
  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:8台
  • 料金:20分/400円(8:00~0:00) 60分/100円(0:00~8:00)

三井のリパーク目黒東山2丁目駐車場

  • 所在地:東京都目黒区東山2-12-7
  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:7台
  • 料金:20分/300円(8:00~22:00)最大料金入庫後12時間以内3000円

子連れでお花見に行くときの持ち物リスト>>

目黒川の桜2023のライトアップや屋台など花見情報まとめ

2023年の目黒川の桜は

  • ライトアップ、ぼんじりの点灯は未定。
  • 2023年の屋台の出店は未定。
  • 終日混雑が予想されますが、朝の早い時間は比較的混雑が少なそう。
  • 中目黒駅は混雑しているので、混雑を避けたい方は他の駅の利用をおすすめします。
  • 目黒川周辺には目黒不動尊や中目黒公園など、穴場スポットがあります。
  • 目黒川周辺には大きな駐車場はないので、なるべく電車の利用がよいでしょう。

いかがだったでしょうか?

他ではなかなか見ない屋台もある目黒川の桜をご紹介しました。

桜の花を見ながらのシャンパンなんて素敵ですよね。

食べ歩きしながらのお花見は今年もまだ難しいかもしれませんが、感染予防を意識しながらお花見を楽しみたいですよね。

目黒川を覆うような桜のトンネルは都内とは思えないほどの絶景です。

ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

※この記事は2022年の情報を含んでおり、2023年最新情報は随時更新していきます。

こちらのお花見スポットもおすすめ!

関西のお花見名所・大阪城の桜はこちら>>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次