MENU
\ 最大10%ポイントアップ! /

生チョコのココアパウダーを代用するなら?ココアパウダーなしでも大丈夫!

  • URLをコピーしました!

生チョコに、ココアパウダーは欠かせません!

せっかく手作りした生チョコに、ココアパウダーなしなんてあり得ませんよね。

でもそんな大事なココアパウダーが、いざという時に手元になかったら?

代用となるものがあればなんとかなるんだけど。

身近なところで手に入る、ココアパウダーの代用になりそうなものを探してみることにしました。

案外、自宅で手軽に手に入る意外なものなどが代用となるようです。

そしてそれぞれ検証して、生チョコに合うものを見つけてみましょう。

当然、ココアパウダーは生チョコと相性バツグン。

それよりもっと生チョコと相性のいいパウダーを見つけることができるかもしれません!

そうするとわざわざ買いにいかなくて済みそうですよね♪

目次

生チョコのココアパウダーの代用に調整ココアは使える?

ココアの画像

生チョコのココアパウダーの代用品として、調整ココアは使えるのでしょうか。

調整ココアというのは、飲料用の飲むココアミロなどがあげられます。

手元にあれば、代用として試してみない手はありませんね。

飲むココア(ミルクココア)

調整ココアである飲むココアは、ココアパウダーで作られています

そのため生チョコのココアパウダーの代用品として、適しています

飲むココアは、牛乳や水などに溶かすだけでおいしく飲めるように作られた商品です。

特徴は?

  • ココアパウダーに砂糖やブドウ糖などを混ぜてあるのでほんのり甘い。
  • また脱脂粉乳が入っているので、ミルクの風味も感じられる。
  • ココアパウダーとは違ったまろやかな甘さが特徴

生チョコとは相性はいいですが、甘くなりすぎてしまうので注意が必要です。

甘さが苦手な人は生チョコの甘さを調整してみて!

ミロ

調整ココアのミロも成分には多少の違いはありますがココアパウダーと同じ風味です。

生チョコとの相性は良く、ココアパウダーの代用に適しています

ミロはカルシウム、鉄、ビタミンDなどが含まれた栄養機能食品です。

特徴は?

  • 飲むココアと同じく、牛乳や水に溶かすだけで飲めるように作られている。
  • ココアパウダーと比べると甘さが難点。

ミルク風味のまろやかさと、充実した栄養素が魅力!

生チョコはココアパウダーなしでも大丈夫!その他の代用品

生チョコはココアパウダーなしでも、十分おいしいので大丈夫

でもココアパウダーは甘ったるい生チョコに、ちょうどいいアクセントとして活躍してくれています。

ココアパウダーなしでも、自分ですぐに食べちゃうのならOK!

ただし、溶けやすいとか形が崩れやすいなどの問題があるので、プレゼントするのは不向きですね。

ココアパウダーなしでも大丈夫ですが、やはりあった方がいいのは確かなので代用品を探してみましょう。

粉糖

粉糖のきめ細かなパウダーは、ココアパウダーの役割をきっちりと果たしてくれます。

代用品として適しています

味については、生チョコと甘い粉砂糖。

一見すると合わなさそうですが、思いのほかおいしいですね。

特徴は?

  • 滑らかな口あたりと、生チョコのねっとりとした食感のコントラストが意外とマッチ。
  • やさしい甘味は意外と邪魔にならない。

おいしいからって、かけすぎには注意ですよ!

抹茶パウダー

抹茶パウダーは、和のスイーツの定番です。

代用品として適しています

抹茶パウダーがかかっている生チョコ、よく見ますよね♪

特徴は?

  • 生チョコとの相性も抜群。
  • ほろ苦さと生チョコの深い甘さが絶妙。
  • 後味もさっぱりするため、食べすぎ注意。

これは意外とココアパウダーに近い感覚を得ることができますね。

この組み合わせは食べなくてもわかります♪

きな粉

きな粉はおもちやお団子だけじゃなくて、生チョコとも相性は抜群です。

代用品として適しています

そして日本人が大好きなきな粉。

洋菓子にもよく使われていて結構合うんです!

特徴は?

  • 香ばしさが加わるので、ココアパウダーや抹茶とはまた違う風味を感じられる。
  • 上品な味わいになるので大人な味を求めるときにはピッタリ。

合わないはずがないですね。

ココナッツ

ココナッツは、味という点では生チョコとの相性はとてもいいです。

ただ粉状でないところが、ココアパウダーの代用品としては適しているとは言えません。

本当に味はおいしいけれど、ココアパウダーの代用品にはなりませんね。

特徴は?

  • ココナッツの硬い粒々が、やわらかい生チョコを傷つけてしまうため持ち運びに注意。
  • ココナッツの独特な風味と食感は、くちどけの良い生チョコにとっても合います。

くせになる味です。

インスタントコーヒー

コーヒーのほろ苦さは、生チョコの甘ったるさをうまくおさえてくれます。

代用品として適しています

ただし、インスタントコーヒーは、できるだけ細かい粉状のものを選びましょう。

特徴は?

  • グラインダーなどで粉砕するとさらにココアパウダー感アップ。
  • かけすぎるとコーヒー風味が強くなるため注意が必要。
  • ほろ苦さがプラスされるので大人味になります。

コーヒー味は好みが分かれるのとカフェインがさらにプラスされることになるので注意が必要です。

妊婦さんや授乳中の方、寝る前などのちょっと一息には向かない生チョコになってしまいます。

好みが分かれるのでプレゼントする際には気を付けて~!

和三盆

やさしい味わいの和三盆の砂糖は、ココアパウダーの代用品としてもいい仕事をします。

代用品として適しています

ふわふわでくちどけもよく、やわらかな食感が生チョコとも相性がいいです。

特徴は?

  • 上品な甘さがプラスされるため、優しい甘さになります。
  • 口の中に入れるとさらっと溶けるため、生チョコとの対象抜群。

高級な砂糖なのでいつも身近にあるとは限りませんけどね

粉ミルク

コーヒーをまろやかにする粉ミルクも、ココアパウダーの代用品としてはなかなかいい仕事をします。

代用品として適しています

ミルキィで優しい味は、生チョコととてもよく合います。

特徴は?

  • くちどけの良さと濃いミルキィ感がフォンダンショコラのような、濃厚さを演出してくれます。

クリーミーでとってもおいしいですよ

生チョコにココアパウダーはなぜ必要なの?

生チョコはそのままでも実は十分おいしいので、ココアパウダーが絶対に必要というわけではありません

ではなぜ生チョコにココアパウダーが必要なのでしょうか?

またココアパウダーのあるなしで味わいにどのような変化があるのでしょうか?

それらを踏まえて検証してみました。

見栄えが良くなるから

生チョコは生クリームをたっぷりと使用しているので、とてもやわらかく崩れやすい特徴があります。

作ってすぐに自分で食べるのであれば問題はありません。

でも誰かにプレゼントするつもりなら、形状を保護する必要があります。

見栄えをよくするココアパウダーの働き!

  • 形を整え、溶けやすい生チョコを外気から守ります。
  • ココアパウダーを薄くまとわせることで、見た目もきれいでおいしそうになります。

苦味がアクセントになるから

何も混ざっていない純正のココアパウダー苦味のあるのが特徴です。

ココアパウダーは甘い生チョコのアクセントとなって甘ったるさをおさえてくれます。

生チョコは生クリームがたっぷりと入っているため、普通のチョコと比べると甘ったるい印象です。

甘いチョコが苦手な人でもおいしく食べることができますよ

生チョコはココアパウダーなし・生クリームなしでも作れる!

思い立って生チョコを作ろうとした時に、手元にココアパウダーなし生クリームなし、なんてこともあるかと思います。

そんな時、家の中にあるもので、代用できるものってあるのでしょうか。

生クリームの代用に牛乳が使えるといいのですが、生チョコを固めるには牛乳は不向き?

安心してください!

生チョコを作るのに生クリームの代用品として牛乳が作れるんです♪

でも分量や温度などちょっと気をつけないといけない部分があるんです。

生チョコを牛乳で作って固まらなかった!という人は必見の内容をまとめています。

是非こちらも参考にして手軽でおいしく生チョコを作ってくださいね♪

生チョコのココアパウダーを代用する方法まとめ

生チョコにココアパウダーなしでも大丈夫です。

でもココアパウダーなしの生チョコは、溶けやすいし味のアクセントもありません。

やはり、生チョコにはココアパウダーが欲しいですよね。

生チョコに合うココアパウダーの代用となるものを、いろいろと見てきました。

まとめてみましたので、参考にしてみてください。

調整ココア 

  • 代用
    • ミルクココア
    • ミロ

その他

  • 代用
    • 粉糖
    • 抹茶パウダー
    • きな粉
    • 粉ミルク
  • 代用
    • ココナッツ
    • インスタントコーヒー

振り返ってみると、粉状であればだいたいは代用可能であることがわかりました。

生チョコはどんな食品でも相性はよく、あとは好みの問題ということになります。

他にも代用できそうなものはあるでしょう。

ぜひ自分なりのアレンジを楽しんでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次