MENU

発泡スチロールはレンジで加熱すると有害?レンチンの方法や溶けた時の対処法も解説

発泡スチロールはレンジで加熱すると有害?レンチンの方法や溶けた時の対処法も解説
  • URLをコピーしました!

疲れた時や食事の用意をしたくない時は、持ち帰りのお弁当は本当に便利ですよね。

私も疲れた時などは、よくお世話になっています!

でも持ち帰りに使われている発泡スチロールごと、電子レンジで加熱しても大丈夫なのか気になります。

発泡スチロール容器ごとレンジで加熱すると、人体に有害な影響があるのでしょうか?

安全にレンチンする方法、発泡スチロール容器が溶けてしまった時の対処法もお伝えします。

目次

発泡スチロールはレンジで加熱して大丈夫?

吉野家の発泡スチロール容器の蓋があいている写真。

牛丼などに使用されている発泡スチロール容器はレンジで加熱するのはNGです!

そのまま発泡スチロールごとレンチンはダメなんですか?!

発泡スチロールを電子レンジで加熱することが、よくない理由を説明しますね。

耐熱温度が低く基本NG

発泡スチロールの耐熱温度は低く、レンジで加熱すると変形する恐れがあるのでNGです。

発泡スチロールの素材はポリスチレンというプラスチックでできています。

プラスチックは熱に弱く、発泡スチロールは80~90℃になると変形し始めてしまうんです。

発泡スチロールごとレンジで加熱したので、容器の形がおかしくなっていますね。

発泡スチロールの形が変になると、なんだか食欲も失せてしまいますね…。

発泡スチロールは耐熱温度が低く変形してしまうので、そのまま電子レンジで温めるのはやめましょう!

レンジで解凍はトレーのままでOK

発泡スチロールのトレーに入った肉や魚は、トレーのままレンジで解凍しても大丈夫です!

レンジの解凍モードは、100~200Wのレンジ弱加熱で行われます。

そのため長時間電子レンジで解凍しないかぎり、発泡スチロールは変形しないんです。

また電子レンジ大手メーカーのホームページにも以下のように記載されています。

肉や魚は、発泡スチロールのトレーにのせたまま電子レンジで解凍することができます。

引用元:Panasonic公式サイト

レンジの解凍モードは温度が低く、メーカーも可能とのことですので発泡スチロールごと解凍しても大丈夫です。

発泡スチロール容器ごと電子レンジで加熱して食べたら有害?

女性が電子レンジのボタンを押している写真

もしも発泡スチロールをレンジで加熱し食品に付着したとしても、人体に有害ではないんです。

発泡スチロールは電子レンジで加熱すると一見溶けたように見えますが、実は縮んでいるのです。

発泡スチロールは10分の1程度まで小さくなることが、不用品回収会社のホームページにも記載されています。

熱で溶かせば発泡スチロールは10分の1程度まで小さくなる。

引用元:有限会社三井金属

発泡スチロールがレンチンで溶けたと思っていたのは、縮みだったんですね!

発泡スチロールをレンジで加熱しても溶けているわけではありませんので、食品に付着している可能性は低いんです。

しかし、発泡スチロールが付着した食品を食べても消化されず、そのまま身体から排出されるので大丈夫ですよ。

発泡スチロールの大きさや形状によっては、身体に負担がかかることもあるのでそこは注意が必要ですね。

発泡スチロールに入った吉野家やすき家弁当の温め方

器に入っている牛丼

発泡スチロール容器の吉野家やすき家弁当は、レンジ可の耐熱容器に移し替えラップをしてください。

発泡スチロールは万が一、食べても大丈夫だとわかりましたが嫌ですよね。

発泡スチロールに入った牛丼などを、おいしく安全にレンジで温める方法をお伝えしますね!

耐熱容器に移し替える

発砲スチロールの中身を陶器のお皿など耐熱容器に移し替えて、レンチンしてください。

ひと手間かかるように思いますが、移し替えをおすすめします!

発泡スチロールに入った弁当、移し替えるのが手間に感じてしまうのですが…。

しかしレンジで加熱し、発泡スチロールが発火するリスクを考えたら移し替えるのが安全です。

発泡スチロール弁当を温める時は安全面も考えて、耐熱容器に入れ替えレンチンしましょう!

ラップのかけ方のコツ

発泡スチロールに入った持ち帰り弁当は、耐熱容器に移し替えたらふんわりとラップをかけてください。

このふんわりかけるのがポイントですよ!

ピシッと伸ばしてラップをかけると密閉状態になり、食品が熱くなったらラップが膨らんで破れてしまうからです。

ラップが破れると食材の水分が外に出てしまうので、食材が乾燥しパサついてしまう可能性もあります。

耐熱容器にラップをふんわりかけて、レンチンしてくださいね!

発泡スチロールがレンチンして溶けた時の対処法

困ったことがおきてパニックになっている女性の写真

もしも、レンジの中で発泡スチロールが溶けてしまった場合、解決する方法が3つあります。

  • 温めてから削る。
  • 重曹で拭き掃除する。
  • 溶剤を使用する。

え!取れるんですか?!詳しい方法が知りたいです!

温めてから削る

電子レンジで溶けてしまった発泡スチロールを、温めて柔らかくしてから削り取る方法です。

電子レンジに溶けてくっついた発泡スチロールを温める方法は複数あります。

  • 布を割りばしに巻き、80℃以上のお湯に浸したものを発泡スチロールにあてて柔らかくする。
  • 濡れたタオルを発泡スチロールの上にかぶせて様子をみながらレンジで加熱する。
  • ドライヤーの熱で発泡スチロールを温める。
  • サラダ油などの油を発泡スチロールの上に薄く塗り、レンジで短い時間加熱する。

上記のいずれかで柔らかくなった発泡スチロールを削り取ってくださいね。

電子レンジに傷がつかないように、発泡スチロールを優しく取り除いてください。

熱くなった発泡スチロールでやけどしないように、軍手や手袋をして注意しながら行いましょう。

重曹で拭き掃除

重曹と水を耐熱容器に入れ、レンジで温めて溶けた発泡スチロールをふやかします。

重曹で拭き掃除の手順を説明しますね。

  • 水200mlに重曹大さじ2を入れて重曹水を作る。
  • 重曹水を耐熱容器に入れて、600ワットで4分電子レンジで加熱する。
  • そのまま20分ほど放置する。
  • 加熱した重曹水に掃除用ふきんをひたし、ふやけた発泡スチロールをふきとる。

重曹水で庫内を拭き掃除すると、匂いや汚れもとれてすっきりしますよ。

溶剤使用は最終手段

シンナーやアセトンなどの溶剤で発泡スチロールを溶かして取るという方法もあります。

ご家庭にあるものならば「除光液」で代用もできますね。

しかし溶剤は火が引火する危険や、吸い込んでしまうと身体によくないなど扱いが難しい面もあるんです。

あくまで最終手段として知っておくと良いですね。

温めたり、重曹を使っても取れない場合は、ゴム手袋を装着して安全に気をつけながら扱いましょう。

電子レンジの使用がダメな容器と安全な容器

耐熱ガラスが2つ重なっている写真

発泡スチロールに入った持ち帰り弁当を移し替えるのは、電子レンジ可能な容器であることが大切です。

電子レンジ対応ではない容器でレンチンしてしまうと、最悪発火したりレンジが壊れてしまう恐れがあるため気を付けましょう。

私はアルミホイルをレンチンしたら、火花がでた恐怖体験があります…!

レンジがダメな容器

レンジがダメな容器は数種類あります。

どんな容器があるのかというと

  • アルミホイル
  • 缶詰などの金属製の容器
  • ホーロー製の容器
  • 紙製の袋
  • プラスチックの容器や袋
  • 発泡スチロール容器
  • 耐熱性ではないガラス製容器
  • プラスチックでコーティングされている容器
  • 金属製の縁取りや模様がある陶器

発泡スチロール以外にもレンジがダメな容器は結構あるんですね!

上記の素材のものをレンジで加熱すると、発火したり電子レンジが壊れてしまうことがあるので気を付けましょう。

安全にレンジが使える容器

安全にレンジが使える容器は、耐熱性があるシリコンやプラスチック、ガラス、陶器、磁器などです。

こちらもどんなものか詳しくお伝えしますね。

  • シリコン製容器
  • 耐熱性があるプラスチック容器
  • 耐熱性ガラス容器
  • 金属の模様がない陶器と磁器
  • クッキングペーパー

発泡スチロールと同じプラスチックにも、ポリプロピレン(PP)というレンジ加熱が可能なものがあります。

ポリプロピレンは耐熱性に優れたプラスチックですが、耐熱温度は110~130℃です。

油がたくさん使われている料理を入れて長い時間レンジで加熱すると、耐熱温度を超えてしまうことがあります。

ポリプロピレン製でも長時間のレンジ加熱は変形の可能性がありますよ。

電子レンジ可なのかの見分け方は、プラスチック容器の底面や側面にPPという記載があればポリプロピレン製です。

PSという記載はポリスチレンという熱に弱い素材ですので、レンジで加熱はしないでくださいね。

【まとめ】発泡スチロールのレンジ加熱は基本NG

牛丼などに使われている発泡スチロール容器は基本的にレンジで加熱はNGです。

発泡スチロールは80~90℃になると変形するので、電子レンジで加熱するには向かない素材です。

万が一発泡スチロールがレンジにくっついても、取る方法もあります!

発泡スチロール容器は人体に入ってしまったとしても消化されず排出されますが、身体を傷つけたりと負担になることもあります。

発泡スチロールから耐熱性の高いレンジ可の容器に移し、ふんわりとラップしてレンチンしてください。

正しい温め方で、おいしくいただきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次