MENU
\ ポイント最大9倍! /

有塩バタークッキーはまずい・しょっぱい?有塩バターしかないけどどうなる?

有塩バタークッキーはまずい・しょっぱい?有塩バターしかないけどどうなる?
  • URLをコピーしました!

有塩バターを使ったクッキーは甘しょっぱい味が病みつきになります。

塩キャラメルや塩パン、塩チョコなど塩と甘いものの組み合わせがブームですよね。

ただ有塩バターのクッキーは特徴を理解していないとしょっぱい上に食感が悪くなることもあり、まずい可能性があるのです。

クッキーを作りたいけど有塩バターしかない!

  • 有塩バターで代用したらどうなるの?
  • 有塩バターで作ったクッキーはまずい?

という疑問にお答えします。

クッキーを作りたいけど有塩バターしかないという時に、ぜひ参考にして下さいね。

目次

有塩バターのクッキーはまずい?どうなる?

ハート型のプレーンクッキーが複数並んだ写真

有塩バターで作ったクッキーは

  • しょっぱくなる
  • 膨らみが悪くなる
  • 焼き上がりがふにゃふにゃになる

可能性があります。

有塩バターを使った場合、クッキーの味や食感はどうなるのか気になりますよね。

有塩バターのクッキーはしょっぱい上に、食感が悪くまずいと感じることも…

基本的に有塩バターは食塩が入っているだけで無塩バターと製法や成分に違いはありません。

ただ、食塩が入っていることで味や食感に影響を与えてしまうのです。

それぞれ詳しく解説していきます。

しょっぱい可能性も

有塩バターを使ってクッキーを作るとしょっぱい可能性があります。

有塩バターと無塩バターの塩分量の違い
  • 有塩バターには100gあたり約1.5gから1.6gの塩分が含まれている。(メーカーにもよる)
  • 無塩バターの塩分は100gあたり0,00g以下

原料の生乳に微量の塩分が含まれているため、厳密に言うと無塩バターでは無塩ではありませんが極微量です。

有塩バターのクッキーの味はどうなるのか気になりますよね。

私も有塩バターでクッキーを作ったことがありますが甘しょっぱい感じが病みつきになりました。

バターの量が多いレシピだとしょっぱすぎて、まずいと感じることもありますよ。

クッキーを作る際にレシピ通りの量で有塩バターを代用してしまうと、しょっぱいと感じます。

無塩バターを使うクッキーのレシピに有塩バターを、そのまま代用するのはおすすめできません。

膨らみが悪い

有塩バターをクッキーに使うと、小麦粉の粘りが強くクッキーの膨らみが悪くなる可能性があります。

なぜ塩分が加わると膨らみが悪くなるのか、わかりやすく解説します。

有塩バターを使ったクッキーの膨らみが悪くなるのはなぜ?

小麦粉の中のタンパク質は水と力が加わることで、グルテンという物質が発生します。

グルテンは網目状になっていて、塩分が加わると網目が強くなってしまうのです。

グルテンの網目が強くなると生地が広がりにくく、焼き上がりの膨らみが悪くなります。

膨らみが悪くなると生地がぎゅっと詰まってしまうため、固い食感になってしまうこともあるんです。

クッキーの味や風味と同じぐらい、食感も美味しさに影響しますよね。

有塩バターを使ったクッキーは膨らみが悪く食感が固いため、まずいと感じてしまう可能性があります。

焼き上がりがふにゃふにゃ

有塩バターを使ったクッキーは焼き上がりがふにゃふにゃと、柔らかくなってしまう可能性があります。

なぜ有塩バターを使ったクッキーが柔らかくなってしまうのか、詳しく書かれた文献はありませんでした。

有塩バターを使用すると塩の保水性が働いてしまい、クッキーがふにゃふにゃになるのかなと推測していました。

柔らかいソフトクッキーもありますが、サクサクした食感がクッキーの良さですよね。

クッキーをしっかり乾燥させることでサクサクした食感になりますよ!

有塩バターを使ったクッキーは焼き上がりがふにゃふにゃと柔らかい可能性があります。

柔らかい場合はしっかり乾燥させてみて下さいね。

コスパは抜群!

雪印北海道バター有塩バター無塩バター
希望小売価格492円/200g529円/200g
賞味期限180日150日
引用:雪印メグミルクホームページ|商品のご案内

有塩バターは無塩バターと比較すると、お値段が安く賞味期限も長いです。

  • 有塩バターの方が需要が高くて、大量生産されている。
  • 有塩バターは食塩を添加しているので保存性が高い。

私も家に有塩バターを置いていることが多く、無塩バターはお菓子を作る時ぐらいしか買いません。

ちなみに無塩バターが主流の国もあるそうですよ!

有塩バターは無塩バターに比べてコスパは抜群と言えるでしょう。

有塩バターしかない時の対処法

カットされた有塩バターの写真

クッキーを作ろうとしたら有塩バターしかないという時もありますよね。

クッキーに有塩バターを使ったからと言って、全てがまずいというわけではありません!

有塩バターしかない時は

  • 有塩バターの量を調整する
  • 有塩バターを無塩バターにする
  • 代用品を使用する

ことで対処することができます。

それぞれ詳しく説明みていきましょう。

有塩バターの量を調整

クッキーを作るときに有塩バターしかない場合は有塩バターの量を調整してみましょう。

有塩バターの量を調整する方法

有塩バターをレシピの半分の量にし、オリーブオイルやサラダ油を1/3足して代用します。

無塩バターを使うレシピで有塩バターをそのまま代用すると、しょっぱいのでまずいと感じるかもしれません。

有塩バターの量を少なくし、不足した分の油脂分を食用オイルで代用することで、

  • 塩味を抑える
  • 食感が悪くなるのを防ぐ

ことができますのでおすすめです。

お菓子作り初心者の私には、レシピを改良するのは難易度が高いと感じます。

有塩バターの量や食用油の量がわかりやすいので、代用しやすいですよね。

クッキーを作る際に有塩バターしかない場合は、有塩バターをレシピの半量にし食用油を1/3足す方法を試してみて下さい。

有塩バターを無塩バターにする方法

クッキーを作る際に有塩バターしかない場合、有塩バターを無塩バターにすることができるんです。

有塩バターを無塩バターにする方法

  • 細長いコップに有塩バターを入れる。
  • 電子レンジで加熱する。
    • 30gのバターの場合600wで30秒。
有塩バターを溶かした状態の写真
  • 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして分離させる。
    • 2時間で有塩バターの部分が固まる。
  • 黄色い部分が無塩バター、白い部分は有塩バターなので白い部分を切り取る。

2時間冷やした状態だと白い部分は固まらなくて、簡単に有塩バターを取り出すことができます。

有塩バターを無塩バターに変える方法

有塩バターの量にもよりますが、2時間程度あれば簡単に無塩バターにすることができます。

有塩バターを無塩バターにすれば、レシピの改良は必要なくお好みのクッキーのレシピで作ることが可能です。

時間に余裕がある場合にはおすすめの方法ですのでぜひお試し下さい。

マーガリンを代用

クッキーを作る際に無塩バターが無い場合はマーガリンで代用することもできます。

マーガリンにもグルテンの発生を抑える役割がありますのでクッキーの食感を損なうことなく代用できると言えるでしょう。

有塩バターマーガリンがある場合どちらで代用するのが良いでしょう?

マーガリンのメリット

  • 有塩バターよりあっさりしているのでココアや抹茶など、他の味が引き立ちやすくなる
  • マーガリンの塩分量は100gあたり約1.21.4gで有塩バターと比較すると少ない。
  • バターと比較するとマーガリンはクリーム状にしやすい。

マーガリンのデメリット

  • マーガリンの成分はバーム油や大豆油脂なのであっさりした味わいでバターに比べるとコクがない。
  • 有塩バターに比べてマーガリンは水分量が多く生地が柔らかく扱いにくい。

生地が扱いにくい時は冷蔵庫でしっかり冷やし、冷蔵庫から出したらすぐに使用すると良いですよ。

有塩バターを無塩バターにする時間があるなら、有塩バターを使用するのがおすすめです。

そのまま有塩バターかマーガリンを代用する場合は、クッキーの仕上がりイメージで使い分けるのが良いですね。

ココナッツオイルを代用

クッキーを作る際に有塩バターしかない場合は食用油で代用することが可能です。

中でもココナッツオイルは、独特な香りや風味が強くないのでおすすめですよ♪

食用油を無塩バターの代用にする際はレシピの1/3に量を減らして下さい。

ココナッツオイルを使用したクッキーはほのかに甘い香りが漂います。

健康、美容ブームでココナッツオイルが注目を浴びたのでご自宅に常備している方もいますよね。

ココナッツオイルが固い場合はレンジで加熱して、緩めてから使用して下さい。

食用油を使用する場合は量が多すぎると、

  • サクサクした食感にならない
  • バターの風味がなくなる
  • 生地が緩く扱いにくい

ので食用油を使用する際は量を1/3に減らして使用して下さいね。

有塩バタークッキーの美味しいレシピ

有塩バターや小麦粉などクッキーの材料を準備した写真

有塩バターを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

有塩バターとチョコで甘塩っぱさが病みつきになる、塩チョコクッキーです。

有塩バターで作るクッキーのおすすめレシピ
  • 約10枚分の材料
    • 薄力粉100g
    • 有塩バター50g
    • 砂糖50g
    • 板チョコ50g
  • 常温に戻した有塩バターをボールに入れ、クリーム状になるまで混ぜる。
  • 砂糖を加え、白っぽく張るまで混ぜる。
  • 薄力粉をふるい入れて、ゴムベラで切るようにさっくり混ぜる。
  • 粉がなくなってきたら刻んだ板チョコを入れて混ぜる。
  • 生地をサランラップに移して、細長い棒状にして冷蔵庫で3〜4時間程度休ませる。
  • オーブンを180度で予熱しておく。
  • クッキーの生地を冷蔵庫から取り出し、スケッパーや包丁で8mm程度の厚さにカットする。
  • 180度のオーブンで17分程度焼いて完成。

クッキーを作る時に有塩バターしかない際の対処法をご紹介してきましたが、レシピを改良するのは難易度が高いですよね。

レシピを改良すれば失敗する可能性も高くなります。

有塩バターを使ったクッキーのレシピもたくさんあるので、お好みのレシピを見つけるのも楽しいですよ。

まとめ|有塩バターのクッキーは上手くつくればめちゃくちゃ美味しい!

今回は有塩バターを使ったクッキーはどうなるのか解説をしてきました。

有塩バターで作ったクッキーは

  • しょっぱくなる
  • 膨らみが悪くなる
  • 焼き上がりがふにゃふにゃになる

可能性があります。

有塩バターのクッキーはしょっぱい上に、食感が悪くなることもありまずいと感じてしまうことも…

クッキーを作る時に有塩バターしかない場合は、簡単に無塩バターにすることができます。

有塩バターを無塩バターにする場合は2時間程度かかるので、他のもので代用するのもおすすめです。

有塩バターしかない時の対処法

  • 有塩バターの量をレシピの半分に減らして、食用油を1/3の量足す。
  • ココナッツオイルやマーガリンで代用する。

レシピを改良するのは難易度が高いので、有塩バターを使ったレシピを使用するのが手っ取り早いです。

有塩バターを使ったクッキーは甘しょっぱい感じが病みつきになります。

有塩バターも上手に使えば、美味しいクッキーができますのでぜひお試し下さいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次