MENU
\ ポイント最大9倍! /

生チョコを冷やす時間はどれくらい?冷凍庫で冷やす時間を短縮する方法も!

生チョコを冷やす時間はどれくらい?冷凍庫で冷やす時間を短縮する方法も!
  • URLをコピーしました!

チョコレートを使った定番お菓子の一つといえば「生チョコ」!

口溶けがよく滑らかな味わいの生チョコは手作りチョコレートで喜ばれること間違いなし

生チョコって名前だけで美味しいですよね…私も大好物です。

生チョコは生クリームチョコレートココアパウダーがあれば作れるので簡単そうに思えます。

しかし、いざ作ってみると思うように固まらなかった経験はありませんか?

簡単そうに思えて作ることが難しい生チョコのベストな冷やす時間が気になりますよね!

今回は、生チョコを冷やす時間はどれくらい

冷凍庫で冷やし固めることはできるのか生チョコを冷やす時間を短縮する方法を中心にご紹介します。

生チョコを冷やす時間とコツを掴んで、ぜひ美味しい生チョコを作ってくださいね♪

目次

生チョコを冷やす時間はどれくらいかかる?

冷蔵庫での冷やす時間は基本的には約1時間半〜3時間です!

ちなみに冷やす時間に幅があるのは、冷蔵庫の温度設定により固まる時間が違うからです。

また冷やす時間によって食感に違いが出ます!

1時間半くらいだと柔らかく滑らかな生チョコに。

大体この時間くらいには冷やし固めることができるので急ぎの場合でも。

3時間くらいだとしっかり固まり、食べ応えがある生チョコに。

後ほど包丁で小分けにカットする際に切りやすいですよ!

お好みの食感で冷やす時間を設定してみてくださいね!

生チョコを冷蔵庫で冷やす時の注意点

3時間以上冷やす時間を伸ばしてしまうと食感がカチカチになり乾燥する恐れが!

冷やしすぎるとチョコレートに含まれる油脂が固くなってしまい口当たりが悪くなります。

柔らかい食感が特徴の生チョコなのに固くなってしまっては台無しですよね。

また、冷蔵庫は意外と乾燥しているので生チョコがカチカチになる原因にもなります。

味が落ちてしまわないよう、3時間以内がベストですね!

生チョコは冷凍庫なら冷やす時間を短縮できる?

生チョコを冷凍庫で冷やす時間は約1時間

先ほどご紹介したように冷蔵庫で1時間半〜3時間ほどなので短縮可能ですね。

時間をあまりかけられない!というときは冷凍庫を活用して時間を短縮しましょう♪

生チョコは生クリームが入っているのでチョコレート菓子の中でも特に繊細です。

生チョコを冷凍庫で冷やし固める際はタイマーを活用して冷やしすぎに注意しましょう!

そもそも冷凍庫で生チョコを冷やしても良いの?

結論から言うと、生チョコを冷凍庫で冷やし固めるのはアリです!

冷凍庫を使えば冷蔵庫より冷やす時間を短縮できるので効率的ですよね!

ただ、生チョコの表面の仕上がりに完璧を求める方にはおすすめできません。

なぜかというと、冷凍庫に入れた瞬間から冷やし固め始めるので表面に凹凸が目立ちやすくなります

仕上げのココアパウダーで誤魔化すことはできるものの、滑らかな見た目は出にくいことも。

せっかくプレゼントするなら見た目は重要ポイントですよね…!

自分用に作るなら見た目は問題ないですし、冷凍庫で冷やす時間を短縮できるのでおすすめ♪

冷凍庫で冷やしすぎるとどうなる?

冷凍庫に入れている間、なんだかんだで他のことしていたら1時間以上経っていた…はあり得ますよね!

カッチカチな生チョコが誕生します!が失敗ではないので安心してください。

生チョコを冷凍庫で冷やす時間を超えてしまった場合は、常温解凍はNG

冷凍庫から出して焦って常温解凍すると、一気に温度が上がって生チョコ表面が結露します。

せっかく綺麗に作れても残念な見た目になってしまいますよ。

焦らずにまずは冷蔵庫の野菜室に入れて解凍していきましょう!

野菜室に入れて柔らかくなるまで待ってから常温に戻すと美味しさを損なわずに生チョコが仕上がります。

生チョコ作りは焦らず丁寧に!無駄にならないようにこの手順で行ってくださいね♪

生チョコを冷やす時間を短縮する方法は?

せっかくの手作り生チョコをプレゼントするのに冷凍庫だと見た目が気になるとわかりました。

見た目は滑らかに冷やす時間を短縮する方法があれば嬉しいですよね!

冷凍庫以外で生チョコを冷やす時間を短縮する方法をご紹介します♪

生チョコを冷やす時間を短縮する方法
  • 1:粗熱をしっかりとってから冷蔵庫に入れる
  • 2:冷やした金属トレーにおいて冷やす
  • 3:生チョコの生クリーム量を減らす

一つずつ方法を見ていきましょう!

1:粗熱をしっかりとってから冷蔵庫に入れる

生チョコの材料を混ぜ合わせた後、型に流したらしっかりと粗熱をとりましょう。

生チョコを冷やす上で大切なのは温度管理です。

早く冷やしたいからといって熱々の状態で冷蔵庫に入れるのは厳禁

冷蔵庫内が設定温度よりも上がってしまうので、冷やす時間を短縮つもりが長くなってしまいますよ。

ぬるま湯くらいの40度前後を目安に粗熱をとり、冷蔵庫で冷やしましょう。

2:冷やした金属トレーにおいて冷やす

あらかじめ冷蔵庫で生チョコを置く金属トレーを冷やしておきましょう。

トレーが冷えているので、冷蔵庫に入れてすぐに冷やし固め始めます

早く冷やすなら冷凍庫でトレーを冷やしておいた方が良さそう!と思いますがここは冷蔵庫で

トレーを冷やしすぎると冷蔵庫との温度差で、生チョコの底の方に層ができてしまう可能性があるので注意!

3:生チョコの生クリーム量を減らす

生チョコはチョコレートの量が多いと固まりやすくなります。

加える生クリームの量をやや減らしておくと早く固まるのでお急ぎの方に!

その分やや固めの食感ビターな味わいの生チョコが仕上がりますよ。

固めの食感がお好みの方におすすめです♪

温度管理や生クリームの量調整で短縮してより生チョコを作りやすく!

冷凍庫で作るよりも丁寧に作ることができるのではないでしょうか?

少しでも冷やす時間をかけずに作りたい時、参考にしてくださいね♪

生チョコが固まらない原因と対処法

生チョコを冷蔵庫で3時間以上冷やしてもなかなか固まらない…

そんな時は冷やす時間以外に何らかの原因があると思われます。

よくある原因の一つは、生クリームの分量が多すぎることです!

基本的な生チョコのレシピは【チョコレート:生クリーム=2:1】

市販で売られている板チョコの1枚当たりのグラムは50g。

2枚(100g)使う場合、生クリームは50ml必要となります。

生クリームは意外とたくさん使わないので、ついつい入れすぎてしまいそうになりますが分量通りに

生チョコだけに言えることではなく、お菓子作りって分量をきちんと守らないと失敗しやすいんですよね。

もし固まらないな…と思ったら生クリームの量とチョコレートの量を見直してみてください!

生チョコが固まらなかった時のリメイク方法

生チョコが固まらなかった時は先ほど紹介したように、分量を見直してチョコレートを足してみてください

それでも解決しない場合は、生チョコを別のチョコレート菓子にアレンジして楽しみましょう!

おすすめアレンジは、ホットチョコレート!

牛乳や豆乳、アーモンドミルクやオーツミルクでも!

お好きなミルクを温めて溶かし混ぜるだけで完成します。

元々生クリームを含んでいるので溶けやすく、濃厚な味わいで楽しめると思いますよ♪

生チョコをメインに作っているのに他のお菓子まで作る気力ない〜という時にもこれなら簡単ですよね!

他にもこんなアレンジができますよ!

  • パンに塗るチョコレートソースとして
  • マフィンブラウニーなどの焼き菓子に混ぜる

せっかく作った生チョコを捨てるなんてもったいない!

無駄にせず美味しく消費しましょうね♪

生チョコの保存方法

生チョコは冷蔵保存賞味期限は2〜4日を目安に食べきりましょう!

手作りした場合はなるべく当日〜翌日までに食べるのがベストです。

でもすぐに食べ切ることができない場合はこの日数までに食べましょう。

また、常温保存は避けるようにしてください!

生チョコは28度以上で溶け始めますし、生クリームが含まれているので傷みやすいです。

冬場は安心でも夏場の場合、プレゼントするなら保冷剤をつけるのがいいですね!

冷凍保存することも可能で、保存期間は約1ヶ月

冷凍保存も可能ですが、急激な温度変化で多少味が劣化してしまうのでできれば冷蔵保存がおすすめ。

解凍する際は冷蔵庫や野菜室で解凍してから常温に戻すようにしてください。

冷蔵も冷凍も保存する際は小分けにラップで包み、フリーザーバッグに入れましょう

こうすることで冷蔵庫内の他の食材からのにおい移り乾燥を防ぎます!

すぐに食べられない時、後ほど美味しく生チョコを楽しむために一手間かけておきましょう。

生チョコを冷やす時間はどれくらい?まとめ

今回は生チョコを冷やす時間はどれくらい?冷凍庫で冷やす時間を短縮する方法も!についてご紹介しました。

生チョコを冷やす時間はどれくらい?

一般的に冷蔵庫で1時間半〜3時間かかります。

冷凍庫で冷やす場合は1時間冷やしてそれ以上は冷やさないように!

冷凍庫で冷やす時間を短縮する場合
  • 生チョコを冷凍庫で冷やすことは可能
    • ただ見た目が滑らかな仕上がりにならないのでプレゼントには不向き。
  • 1時間以上冷凍庫で冷やすとカッチカチになるけど失敗じゃない。
    • 焦らずに野菜室で柔らかくなるまで解凍したのち常温に戻す。
  • 冷凍庫以外で生チョコを冷やす時間を短縮する方法
    • 1:粗熱をしっかりとってから冷蔵庫に入れる
    • 2:冷やした金属トレーにおいて冷やす
    • 3:生チョコの生クリーム量を減らす
その他まとめ
  • 生チョコが固まらない場合は生クリームとチョコレートの分量を見直す
    • 基本的な生チョコのレシピは【チョコレート:生クリーム=2:1】
  • 失敗した生チョコはホットチョコレートのアレンジがおすすめ!
  • 生チョコの賞味期限は冷蔵庫で2〜4日を目安。
    • 冷凍庫保存の場合は約1ヶ月
    • 冷蔵も冷凍も保存する場合は小分けでラップしてフリーザーバッグに入れる

生チョコを冷凍庫で作るなら自分用、冷蔵庫ならプレゼント用で使い分けるといいな!と思いました。

生クリームの配合と冷やす時間を守れば誰でも美味しい生チョコができますよ!

ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次