MENU
\ ポイント最大9倍! /

牛乳寒天が固まらないときの対処法!再加熱でやり直しできる

牛乳寒天が固まらないときの対処法!再加熱でやり直しできる
  • URLをコピーしました!

手軽で簡単に作れる牛乳寒天は、少ない材料で作れるおいしいデザートですよね。

しかしいざ作ってみると、寒天が固まらない!なんてことも…。

そんな固まらずに失敗した寒天でも、再加熱でやり直しができるんです!

気合を入れて作った後、さぁ食べようと冷蔵庫から取り出すとドロドロの状態でガックリ。

簡単そうにみえて意外と失敗が多いのが寒天ですが、対処法がいくつかあります。

今回は、

  • 牛乳寒天が固まらない原因
  • 牛乳寒天が固まらないときの対処法
  • どうしようもない時の牛乳寒天アレンジ

をお伝えしていきます!

目次

牛乳寒天が固まらない原因

キウイとミカンの牛乳寒天の画像

牛乳寒天が固まらない原因はいくつかあります。

牛乳寒天が固まらなかったという方は、これらの原因が当てはまるのでは?

それではさっそく、牛乳寒天が固まらない原因をみていきましょう!

寒天がしっかり溶けていない

寒天は水に溶かして沸騰させますが、この時しっかり熱を通してあげないと固まらない原因に。

牛乳寒天が固まらない一つの原因として、寒天がしっかりと溶けていないことが考えられます。

一見、寒天は透明なため溶けているように見えます。

しかし、しっかり溶けていないということもあるんです。

寒天をしっかり溶かすことが大事なんですよ!

牛乳寒天を作るときは、鍋を火にかけ、牛乳が沸々としてきたら弱火にするのがポイントです。

牛乳を沸騰させないことで、牛乳の成分が分離するのを避けることができます。

弱火にした後は2分ほどしっかり混ぜて寒天を溶かすようにしましょう!

酸味の強い果物を使用している

果物に含まれているが、牛乳寒天が固まらない原因に!

実は寒天は、酸に弱いという性質があります。

それでも、牛乳寒天にみかんやキウイなど自分の好きな果物を入れて食べるとおいしいですよね♪

酸味の強い果物を使用する際のポイントは後程ご紹介します。

牛乳が冷たいもしくは沸騰させた

溶かした寒天に冷たい牛乳を入れてしまうと、冷えた部分が固まり、寒天の固まり方にムラができる原因に。

液体の温度差があると、固まらない原因になってしまうんです。

また、牛乳を沸騰させた場合も牛乳の成分が分離してしまうため、寒天が固まらない原因に。

牛乳を温めると表面に膜ができますが、あの膜が分離したタンパク質なんですよね。

牛乳を沸騰させると分離してしまい、舌触りも悪くなってしまいます。

寒天の量が少ない

水分量に対して寒天の量が少ないことも、牛乳寒天が固まらない原因に。

寒天は、小さじ1杯(2グラム)に対して350ml~600mlの液体を固めることができます。

しっかり分量を量って作らないと、失敗する原因になってしまうんですよね。

牛乳寒天が固まらないときの対処法

牛乳寒天が固まらなかったとしても、諦めないでください!

牛乳寒天は、

  • 鍋で再加熱する
  • 電子レンジで再加熱する
  • 寒天を追加する

ことで、やり直すことができるんです

それでは、一つずつやり方をご紹介します!

鍋で再加熱する

鍋で再加熱することで寒天をしっかり溶かすことが重要!

寒天が固まらない原因として、しっかり溶けていないことが考えられるためまずは鍋で再加熱してみてください。

加熱する際のポイントとして、沸々してきたら弱火にし、2分ほどかき混ぜながら寒天を溶かします

混ぜるときは木べらやゴムベラを使用するのがおすすめです!ムラなく混ぜることができますよ♪

再加熱はレンジでもOK

600wの電子レンジで3~4分ほど温めてよく混ぜる!

再加熱する際はレンジでも大丈夫

レンジから取り出したら寒天を溶かすようによく混ぜるのがポイントです!

そうすることで固まらなかった牛乳寒天をやり直すことができますよ!

寒天を追加する

再加熱をしても牛乳寒天が固まらない場合、そもそも寒天の量が足りていないことが考えられます。

この場合は、寒天を追加することで固まってくれるかもしれません。

寒天を追加するポイントは、追加する寒天の量!

寒天が固まらなかったからといって、最初と同じ分量の寒天を入れてしまうと硬くなりすぎちゃうことも。

最初に量った水分量と寒天の分量を計算し、好みの硬さになるようお好みで寒天の量を追加してみてください。

Point!

小さじ1(2グラム)に対して液体350ml~600mlを固めることができます!

水分量でお好みの硬さに調整できるのも寒天の魅力ですよね♪

果物は後入れ

酸味の強い果物を入れる場合は、寒天をしっかり溶かした後で最後に入れるのがポイントです。

酸味の強い果汁を一緒に温めてしまうと、寒天がうまく固まらない可能性があります。

酸味の強い果物は後入れすることで失敗を防げますよ!

牛乳寒天がドロドロでどうしても固まらないならアレンジ

せっかく作った牛乳寒天がドロドロのまま固まらないと、悲しくなってしまいますよね。

そんな時はアレンジしてみるのがおすすめです♪

完成を楽しみにしながら作ったのに、捨てるのもなんだかもったいない!

牛乳寒天のシャーベット

固まらずドロドロになってしまった牛乳寒天は、冷凍してシャーベットにしてみてはいかがでしょうか。

シャリシャリとした食感がおいしいデザートになりますよ。

杏仁豆腐風牛乳寒天

ドロドロのまま固まらなかった牛乳寒天に、アーモンドシロップを加えるだけで杏仁豆腐の風味になるんです!

さらにその上にイチゴジャムやブルーベリージャムをのせてアレンジしてもおいしそうですよね♪

ヘーゼルナッツシロップもおいしそうですね!

牛乳寒天が固まらないときの対処法まとめ

今回は

  • 牛乳寒天が固まらない原因
  • 牛乳寒天が固まらないときの対処法
  • どうしようもない時の牛乳寒天アレンジ

をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

牛乳寒天が固まらない原因

  • 寒天がしっかり溶けていない
  • 酸味の強い果物を使用している
  • 牛乳が冷たいもしくは沸騰させてしまった
  • 寒天の量が足りない

などが考えられます。

そんな時は

  • 鍋で再加熱する
  • 電子レンジで再加熱する
  • 寒天を追加する

など、やり直すことができます!

それでもやっぱり固まらない!なんていうときもありますよね。

そういう時はアレンジがおすすめです!

せっかく作ったのに固まらなかった牛乳寒天、やり直したりアレンジをしたりしておいしく召し上がってください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次