MENU

マック(マクドナルド)値上げいつから?2022年の対象商品一覧と理由も

ドラえもん映画2022前売り券はまだ買える?特典や親子ペア券は?
  • URLをコピーしました!

マック(マクドナルド)が春の値上げに続き、10月からさらに値上げとなりましたね!

2022年の秋もいろいろな物が値上げされていますが、マック(マクドナルド)の値上げいつからなのでしょうか?

また、値上げする対象商品や、値上げをする理由なども気になりますよね。

2022年に値上げする事が決まった、マック(マクドナルド)の対象商品を一覧でご紹介し、その理由についてもリサーチしてみました。

マック(マクドナルド)好きな方は是非、お店に行く前にチェックしてみてくださいね!

▼▼▼

マックをなるべく安く購入する方法!

Uber EATSなら、値上げ前よりも、お店に行くよりも安く注文できちゃうかも!

初めての注文なら以下のコードを入力すると初回注文が1,000円オフ

\10月1日~30日限定/

【コード】JPEATS70OCT

ぜひ在庫・売り切れ状況を確認しながらお得に注文しちゃってくださいね♪

▼Uber Eatsの注文が初めての方限定▼

目次

マック(マクドナルド)値上げはいつからなのか?値上げ開始日は何月何日?

2022年は色々な商品が値上げされる”値上げラッシュの年”と言われています。

中でも注目されているのは、マック(マクドナルド)の値上げですよね。

子供から大人まで幅広い世代に利用されているお店だけに、気になっている方も多いかと思います。

マック(マクドナルド)の値上げはいつから?

2022年9月30日(金)から値上げスタートです!!

週末から値上げスタートと言うことで、知らずに週末にランチ利用する方などは目の当たりにするかも知れませんよね。

しかし、全商品が一気に値上がりする訳では無いようですので、詳細を次の項目でご紹介します!

マック(マクドナルド)2022年の値上げ対象商品一覧と値段

2022年9月30日(金)から値上げしたマック(マクドナルド)ですが、値上げの対象となる商品はどんな物があるのか一覧にして値段もご紹介します。

  • 値上げ幅は→10円~30円アップされます。
  • 全商品ではなく全体の約6割の商品が値上げ対象商品となります。

2022年春の値上げでは「10円~20円」、約2割の商品が値上げ対象でしたので、今回は春よりさらに厳しい値上げとなっています。

値上げしない商品はこちら!

  • プレミアムローストコーヒー
  • ドリンク(Sサイズ/Mサイズ/Lサイズ)
  • チキンマックナゲット(5ピース/15ピース)
  • スパイシーチキンバーガー(スパチキ)
  • スパイシービーフバーガー(スパビー)

まだ値上げせず据え置きになっている商品もありますが、春には値上げしなかった

  • ビッグマック
  • マックフライポテト
  • ハッピーセット
  • バリューランチ

などもしっかり値上げになっているんです。

  • 子供と行くと必ず注文するハッピーセット
  • 平日お昼にとても助かるバリューランチ
  • 小腹がすいたときに食べたくなるポテト

などなど、かなり痛い値上げとなりますね!

店頭販売の値上げ対象商品一覧

店頭販売の値上げ対象商品を一覧でご紹介します。

商品名値上げ前の税込価格値上げ後の税込価格(+値上げ幅)
ハンバーガー130円150円(+20円)
チーズバーガー160円180円(+20円)
チキンクリスプ130円150円(+20円)
『ちょいマック』バーガー (エグチ・チキチー) 200円220円(+20円)
ダブルチーズバーガー350円370円(+20円)
てりやきマックバーガー350円370円(+20円)
フィレオフィッシュ350円370円(+20円)
えびフィレオ390円400円(+10円)
ビッグマック390円410円(+20円)
炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ490円500円(+10円)
ソーセージマフィン130円150円(+20円)
エッグマックマフィン200円220円(+20円)
マックグリドル ソーセージ170円200円(+30円)
マックフライポテト Sサイズ150円160円(+10円)
マックフライポテト Mサイズ280円290円(+10円)
マックフライポテト Lサイズ330円340円(+10円)
マックシェイク Sサイズ130円140円(+10円)
ハッピーセット(ハンバーガー・プチパンケーキ)470円490円(+20円)
ハッピーセット
(チーズバーガー・チキンマックナゲット®・ホットケーキ・エッグマックマフィン®)
500円 520円(+20円)
ひるまック(ダブルチーズバーガー・てりやきチキンフィレオ)550円570円(+20円)
参照:価格改定一覧(店頭価格)

ドライブスルーの値上げ対象商品一覧

ドライブスルーの値上げ対象商品は「店舗販売」の一覧と同じでした!

ドライブスルーの値上げ対象商品の一覧を知りたい方は上記項目の価格を参照してくださいね。

デリバリーの対象商品一覧

デリバリーの値上げ対象商品を一覧でご紹介します。

商品名値上げ前の税込価格値上げ後の税込価格
ハンバーガー150円190円
チーズバーガー180円230円
チキンクリスプ150円190円
『ちょいマック』バーガー (エグチ・チキチー)250円280円
ダブルチーズバーガー390円430円
てりやきマックバーガー390円430円
フィレオフィッシュ390円430円
えびフィレオ430円460円
ビッグマック430円480円
炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ570円580円
ソーセージマフィン160円190円
エッグマックマフィン250円280円
マックグリドルソーセージ200円250円
マックフライポテトMサイズ::340円/Lサイズ:400円Mサイズ:370円/Lサイズ:430円
マックシェイクSサイズ:150円Sサイズ:180円
バリューセット
(単品+サイドメニュー+ドリンクMサイズのセット)
単品価格
+350円
単品価格
+360円
ハッピーセット(ハンバーガー/プチパンケーキ)520円570円
ハッピーセット
(チーズバーガー/チキンマックナゲット/ホットケーキ/エッグマックマフィン)
550円600円
デリ得 2人用セット1,800円2,100円
デリ得 3人用セット2,500円2,950円
参照:価格改定一覧(デリバリー価格)

McCafebyBaristaの対象商品一覧

McCafebyBaristaの値上げ対象商品を一覧でご紹介します。

商品名値上げ前の税込価格値上げ後の税込価格
エスプレッソフラッペMサイズ:400円/Lサイズ:450円Mサイズ:420円/Lサイズ: 470円
チョコフラッペMサイズ:400円/Lサイズ:450円Mサイズ:420円/Lサイズ: 470円
オレオ クッキー チョコフラッペMサイズ:450円/Lサイズ:500円Mサイズ:470円/Lサイズ: 520円
宇治抹茶フラッペMサイズ:450円/Lサイズ:500円Mサイズ:470円/Lサイズ:520円
マカロン各種(期間限定含む)170円190円
マカロン6個ボックスセット900円980円
マカロン2個&カフェラテセット580円640円
紅茶のシフォンケーキ390円450円
チョコレートタルト390円450円
オレオ クッキー ロールケーキ390円450円
マシュマロクリームタルト390円450円
参照:価格改定一覧(McCafe by Barista価格)

通常の店舗よりもこだわった商品の多い「McCafebyBarista」の値上げ幅は少し金額が高く感じる商品もありそうです。

マック(マクドナルド)値上げの理由や今後さらに価格は上がる?

2022年9月30日(金)より値上げされることになったマック(マクドナルド)ですが、何故値上げされる事になったのかその理由をリサーチしてみました。

また、今後さらに商品の価格は上昇するのかについても調べてみましたよ。

値上げの理由や原因は?

マックの公式の発表によれば以下の点が値上げの理由とされています。

  • 原材料(牛肉や小麦粉)価格の高騰
  • 人件費の高騰
  • 物流費の高騰
  • エネルギーコストなどの上昇
  • 急激な為替変動の影響

春の値上げに続き、同じような値上げの理由となっていいます。

世界的な気候変動ガソリン価格の高騰、新型コロナで流通が制限されているなど、物流にコストがかかる事からも原材料は上がってしまいますよね。

また、人件費も全国的に昔に比べて時給が上がってきていますので、その辺りは仕方が無さそうですよね!

マック(マクドナルド)の値上げ歴史は?

マック(マクドナルド)の値上げの歴史についてご紹介します。

1971年7月20日、東京の銀座三越内にマクドナルド1号店が開店します。

当時は、ハンバーガー1個80円で販売されていました。

しかし、当時は封書の郵便料金が15円の時代でしたので、憧れの外食といったイメージでした。

その後、1973年にハンバーガーは1個100円に上昇。

80年代初めには、マック(マクドナルド)は、外食産業で首位となり1985年から1995年までハンバーガーは1個210円の価格をキープしていました。

そして、1987年にハンバーガー、ドリンク、ポテトをセットにした「サンキューセット」(390円)を出す事で割安感を出します。

しかし、バブル崩壊後に日本はデフレとなり2000年2月に「デフレバーガー」と言われる平日ハンバーガーが1個65円の価格となりました。

さらに、2002年にはハンバーガー1個は59円という価格まで低下しました。

その後はしばらくハンバーガーは1個100円値段が定着します。

しかし、マック(マクドナルド)の価格の見直しは数年おきに行われていて、2022年3月に2019年の値上げから2年ぶりの値上げが行われました。

さらに約半年で今回の値上げにいたりました。

今後さらに価格は上がる?

気になるのは、今後の価格上昇ですよね、今後さらに価格は上がるのでしょうか?

コロナの終息が未だ見えない中、ロシアがウクライナへ侵攻するなど、世界情勢が極めて厳しい状況になっています。

小麦粉などの輸入は日本でも今後かなり影響が出るとされていて、マック(マクドナルド)の更なる価格上昇有り得ます

3月、10月に値上げを発表したばかりなので、すぐに再値上げの可能性は無いかも知れません。

ただ、海外輸入のポテトの販売が休止するなどといった事も起きているので、価格上昇とは違った部分で、購入制限などは出る可能性は有りますよね。

マック(マクドナルド)値上げはいつからなのか?2022年の対象商品一覧まとめ

2022年3月に次いで秋から値上げされた、マック(マクドナルド)の値上げはいつからなのかについてまとめてみました。

マック(マクドナルド)の値上げはいつから?

2022年9月30日(金)から値上げスタートです!!

値上げ幅や対象商品は?

値上げ幅は→「10円~30円」アップされます。
全商品ではなく全体の約6割の商品が値上げ対象商品となります。

以上、マック(マクドナルド)の値上げされる対象商品の一覧や、値上げの原因値上げの歴史などについてもリサーチしてみましたので是非参考にしてみてくださいね!

子供に大人気、ハッピーセットのおもちゃ在庫が確認できる方法>>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次