MENU
\ ポイント最大9倍! /

マックカフェとマックカフェバイバリスタの違いは?マックの違いも解説します

マックカフェとマックカフェバイバリスタの違いは?マックの違いも解説します
  • URLをコピーしました!

ランチでおなじみのマックですが、公式アプリのメニューカテゴリの中にマックカフェがありますよね。

そしてマックカフェのカテゴリの中にマックカフェバイバリスタの文字。

マックカフェマックカフェバイバリスタは違うのでしょうか?

なんか似てるし同じかな・・・

今回、マックカフェとマックカフェバイバリスタの違いについて調査しました!

名前に同じマックカフェが使われていて、更に「バリスタ」が付く意味が気になりますよね。

また、マックカフェマックの違いについても触れていますよ♪

それぞれの違いを知って、マック界の知識人を目指しませんか?

目次

マックカフェとマックカフェバイバリスタの違いは?

コーヒーメーカーがコーヒーを淹れている画像

マックカフェマックカフェバイバリスタの違いは何でしょうか。

マックカフェマックカフェ
バイバリスタ
メニュー代表的な
カフェメニュー
豊富な種類のカフェ
・スイーツメニュー
接客クルーが対応専任バリスタが対応
容器紙コップ陶器のカップとグラス
提供場所通常カウンター専用カウンター
カスタマイズできないできる(有料)
デリバリーできるできない

色々と違いがあることがわかりますね!

詳しく見てみましょう。

マックカフェはブランド名

「マックカフェ」はマクドナルドが提供するカフェメニューのことです。

マックカフェという名前はブランド名だと思ってもらえば良いですよ。

マクドナルドの手軽さや便利さをカフェメニューと掛け合わせたマックカフェ1998年にスタート!

マックでお馴染みのプレミアムローストコーヒーもマックカフェの商品なんです♪

それでは、マックカフェバイバリスタとは一体なんでしょうか?

マックカフェ専用店舗がマックカフェバイバリスタ

「マックカフェバイバリスタ」はマックカフェ専用店舗のことです。

マックカフェバイバリスタは、通常のマック店舗内カフェ専用のカウンターを併設した店舗ですよ。

1998年にスタートした「マックカフェ」のメニューやコンセプトを見直し、2012年マックカフェバイバリスタが登場しました!

マックカフェをもっと楽しめるように進化したんです♪

マックカフェバイバリスタには専任バリスタがいる

マックカフェとマックカフェバイバリスタは、接客するスタッフの違いがあります。

  • マックカフェ:クルーが対応
  • マックカフェバイバリスタ:専任バリスタが対応

マックカフェバイバリスタで注文するコーヒーは、専任バリスタが一杯ずつ丁寧に淹れてくれるんです♪

本格的なコーヒーを楽しめますよ!

マックカフェとマックの違いは?

マックのテイクアウトコーヒーの画像

マックカフェとマックの違いは、取り扱っている商品の違いですよ。

取扱商品
マックカフェカフェメニュー
マックバーガーやポテトなど

マックカフェのメニューには、容器などに「マックカフェ」のロゴが付いています!

ロゴで見分けるのがわかりやすいですね♪

詳しく見てみましょう!

ハンバーガー売ってるのはマック

マックと言えばハンバーガーやポテトが主力商品!

ハンバーガーを売っているのがマックだと皆さんご存じですよね。

マックはその他にもドリンクスイーツメニューがありますよ。

しかし、カフェメニューはマックカフェの商品になるんです。

フラッペはマックカフェの商品

例えば、フラッペはマックカフェの商品なんです。

上でも少し触れましたが、プレミアムローストコーヒーもマックカフェの商品ですよ。

バーガーセットのドリンクでコーヒーを選ぶことも多いですよね♪

マックでは一部のマックカフェ商品が買えますよ。

ただ、マックカフェバイバリスタでしか買えないメニューもあるので注意が必要です。

そこで、マックで買えるマックカフェメニューを見てみましょう♪

ドリンク

  • フラッペ
  • スムージー
  • コーヒー
  • カフェラテ
  • キャラメルラテetc・・・

スイーツ

  • マカロン
  • オレオクッキーロールケーキ
  • チョコレートタルト
  • 紅茶のシフォンケーキetc・・・

マックカフェの商品はその名の通り、カフェメニューですね!

マックとマックカフェは一度に両方楽しむことができますよ♪

バーガーセットでお腹を満たして、デザートはマックカフェのマカロン!

マックカフェとマックの違いを理解した上で、それぞれの良い所を自分好みに組み合わせて楽しみましょう♪

再度お伝えしますが、マックカフェバイバリスタでないと買えない商品があるので注意が必要です!

マクドナルド公式サイトでは、マックカフェバイバリスタ限定のメニュー一覧が載っていますよ♪

上でマックカフェの専用店舗がマックカフェバイバリスタだと説明しました。

マックカフェバイバリスタの特徴を見てみましょう!

マックカフェバイバリスタの特徴

コーヒーをバリスタが淹れる画像

マックカフェバイバリスタは、そこでしか味わえないスイーツやドリンクメニューがあります。

また、カフェに特化したサービスもされますよ♪

マックカフェバイバリスタの特徴

  • マックより少ない店舗数
  • 専任バリスタが淹れるコーヒー
  • マックカフェ商品のみの取り扱い

それぞれの特徴を詳しく紹介しますね♪

店舗数がマックより少ない

マックカフェバイバリスタはマックよりも店舗が少ないんです。

  • マクドナルドの店舗数
    • 2978店舗(2024年1月時点)
  • マックカフェバイバリスタの店舗数
    • 279店舗(2024年1月時点)

マックカフェバイバリスタの店舗数はマックに比べると約1割程度なんです。

まだ全国的に広がっているとは言えませんね。

上でも触れましたが、マックカフェバイバリスタは通常のマック店舗内にカフェ専用のカウンターが併設してあります。

マックのレジカウンターとは別になっているんですよ!

いつものマックと違った雰囲気のレジカウンターです♪

マックでは、商品注文後に受け取りカウンターで受け取ることが多いですよね?

でも、マックカフェバイバリスタでは、番号札を持って席で待つだけです!

席まで届けてくれるなんて優雅な気分

専任バリスタが淹れるコーヒー

マックカフェバイバリスタでは、専任バリスタが1杯ずつ丁寧にコーヒーを淹れてくれるんです。

バリスタによってはラテアートを描いてくれることも♪

そして、容器にも違いがあります!

専用の陶器のカップとグラスで提供してくれますよ。

容器が違うだけでも味が格段と美味しくなる気が♪

コーヒー専門店のように美味しいコーヒーを堪能できる贅沢な時間が楽しめそうです。

マックカフェ商品のみの取り扱い

マックカフェバイバリスタは、マックカフェ商品のみ取り扱っています。

マックカフェバイバリスタに行ったからには、ここでしか頼めない限定メニューを味わってくださいね♪

同じ店舗内にマックのレジもあるので、そちらでマックの商品も食べられますよ!

手軽で便利にマックとカフェを合体させるなんてさすがマクドナルド♪

ちなみに、マックカフェバイバリスタでは株主優待が使えないので注意してくださいね。

詳しくはマクドナルド株主優待使えないメニューをチェック!

マックカフェとマックカフェバイバリスタの違いまとめ

マックカフェマックカフェバイバリスタの違いについてまとめました。

マックカフェは、マクドナルドが提供するカフェメニューのブランド名

そして、マックカフェバイバリスタはマックカフェを専門に扱う店舗だとわかりました。

マックカフェとマックの違いについても載せていますよ!

普段よく行くマックでマックカフェの名前を見かけるし、違いは何か疑問に思う人もいますよね!

詳しくまとめていますので、疑問の解消に役立てたら嬉しいです♪

マックカフェバイバリスタは今後も店舗が拡大するはず!

まだお近くに店舗がない人も予習しながら心待ちにしていましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次