MENU

円山公園の花見2023の屋台や桜ライトアップはいつまで?開花状況や見頃も解説

円山公園の花見2023の屋台や桜ライトアップはいつまで?開花状況や見頃も解説
  • URLをコピーしました!

円山公園は、八坂神社の東側に広がる京都で一番古い公園です!

円山公園が誕生したのは130年前!明治時代までは八坂神社の境内の中にあったと言われています。

そんな歴史のある円山公園で有名なのは「祇園のしだれ桜」と呼ばれる圧巻な風貌のシダレザクラ!

初代の桜は樹齢200年程で枯れてしましましたが、現在人々を魅了する2代目シダレザクラは樹齢90年程です。

円山公園の中には、ソメイヨシノやヤマザクラ、ヤエシダレザクラなどいろんな桜が約680本植えられています!

そんなお花見にぴったりな円山公園の花見2023

  • 屋台の出店はいつからいつまで?
  • 夜桜ライトアップの日程や時間
  • 桜の開花状況や見頃
  • 混雑状況や混雑を避ける方法
  • 場所取りはできる?
  • 円山公園のおすすめスポット

過去の状況と比較して円山公園の2023花見を予想していきます!

目次

京都・円山公園の花見2023|屋台の出店はいつからいつまで?

円山公園でのお花見をする上で楽しみたい要素の一つが屋台です。

屋台の出店はいつからいつまでなのか気になりますよね。

円山公園の花見2023屋台はいつからいつまで?出店予想

桜の開花時期に合わせて出店されます!

例年通り、2023年も3月末から4月上旬にかけて出店されると予想します。

昨年は新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの屋台出店となりました。

やはりお花見には屋台でしか味わえないグルメを楽しむのが醍醐味!

以下、屋台の出店時間と出店する屋台を紹介します。

桜の時期の屋台は何時まで?

例年は21時ごろまで営業しています!

意外と屋台の営業時間は短いですね!

以下で紹介している「夜桜のライトアップ」が22時頃までなので、同時間まで営業しているかと思いました。

仕事帰りの平日に夜桜を鑑賞しながらお酒を飲んで解散するにはちょうどいい時間ではありますね。

出店する屋台

花より団子という言葉があるように、花見にグルメは欠かせないですよね!

円山公園では約60店舗の屋台が立ち並びます。

出店する屋台
  • 鮎の塩焼き
  • たこ焼き
  • 焼きそば
  • 唐揚げ
  • どて焼き
  • フランクフルト
  • タンドリーチキン
  • シシカバブ

etc…

定番ものから京都らしい鮎の塩焼き、異国情緒漂うシシカバブまで幅広く展開されます!

バラエティに富んでいて、何を食べようか悩むのも楽しいですね!

お化け屋敷まで!?

グルメだけでなく娯楽も備えているなんてすごいですね!

屋台以外におすすめ!「花見茶屋」

京都らしさ満点な花見を楽しむなら、花見茶屋もおすすめです!

  • 銀水
    • うどんや蕎麦、丼などが味わえます。
  • 音和
    • 事前予約すると焼肉が食べられます。
  • 三味線
    • お酒やおつまみを楽しめます。

席料1時間500円で、3軒専用の赤いお座敷で食事を楽しめます!

満開のソメイヨシノの下、お座敷で味わう食事は特別感満載ですね!

まだこの時期は夜も肌寒いでしょうからお酒が好きな人は熱燗で温まるのも良さそうです!

昼食時から夕食時も営業を行なっていますので、花見客や外国人観光客で期間中はとても賑わいますね!

円山公園の花見2023|夜桜ライトアップの日程や時間は?

円山公園の夜桜ライトアップは壮観です!

シンボルの「祇園のしだれ桜」は昼間とは違う姿を見せ、思わずうっとりしてしまう美しさです。

今年の夜桜ライトアップ時期予想は

  • ライトアップ時期:3月24日頃〜4月10日頃 
  • ライトアップ時間:日没〜22時頃

昨年はライトアップ時期:3月26日〜4月10日、ライトアップ時間:日没〜22時頃でした!

来年の3月頃は地球温暖化の影響で平年より少し暖かい予想がされています。

したがって昨年よりも早く円山公園の夜桜ライトアップを楽しめるのではないかと予想します。

ちなみにコロナ前の過去のライトアップ状況は

  • 2017:3月24日〜4月9日
  • 2018:3月24日〜4月9日
  • 2019:3月26日〜4月15日

コロナ以前は日没〜翌日0時までライトアップが行われていました。

今年も引き続きコロナの影響でライトアップ時間は短縮されると予想します。

かがり火のライトアップも見逃せない!

例年、ライトアップ期間の途中からかがり火も焚かれます!

夜桜のライトアップに合わせて揺らめくかがり火の演出は雰囲気をより一層高めてくれますよ。

ぜひかがり火に照らされた一味違う趣ある夜桜のライトアップも楽しんでください!

円山公園の花見2023|桜の見頃や開花状況

例年の桜の見頃は3月末〜4月上旬です。

気候によって変動しますが、昨年より少し早く見頃を迎えるのではないかと予想します。

京都の二条城には標準木(標本木)があり、5〜6輪以上咲くと開花宣言されます!

桜の満開はいつ?

昨年は4月2日に満開、2019年は3月31日に満開でした。

今年も3月末〜4月上旬に満開が予想されます!

お天気ナビ・桜ナビでは時期が近づくと詳しい開花状況が確認できますので参考にしてください!

例年4月上旬までに見頃を迎えますが、ヤエザクラは4月中旬まで楽しめますよ!

円山公園の花見2023|混雑状況や混雑を避ける方法

円山公園は京都では特に有名な桜の名所ですので、混雑は避けられないでしょう。

円山公園の花見2023、混雑のピークは3月25日(土)〜4月5日(日)と予想します!

特に、3月最後の週末と4月の第1週目は特に見頃のシーズンなので混雑のピークになると思います。

それでも少しでも混雑を避けて花見を楽しみたい…と思いますよね。

混雑を避けられる時間帯はいつ?

  • 土日祝は避けて、平日に行く
  • 日中(特に13時〜18時)は避けて、午前中の早い時間に行く
  • 夕方より夜に行く

特に土日祝の日中は花見客や観光客で大変賑わうので混雑を避けたい場合はその時間帯を外すのがベターです。

少しでも混雑を避けて気持ちよくお花見を楽しんでくださいね!

円山公園の花見2023|場所取りはできる?

例年ゴザの貸し出しを行なっていますが、新型コロナウイルスの影響で昨年は中止されました。

今年も屋台の出店はありますが、ゴザの貸し出しが行われる可能性は低いと思われます。

したがって専用のゴザを利用しての場所取りは難しいと予想します。

また、ブルーシートは全面禁止しています。

公園内の宴会も禁止です。

京都・円山公園の花見2023のおすすめスポットはここ!

幕末の土佐藩士、坂本龍馬と中岡慎太郎に会える!

京都在住の高知県民によって、1963年(昭和11年)に建てられました。

京都にいながら高知を旅しているような感覚になります!

銅像周辺にも綺麗に桜が咲き誇りますので、ぜひ記念撮影に!

高台寺「ねねの寺」

北政所ねねが秀吉没後、その菩提を弔うために建てたお寺です。

正式名称は「高台寿聖禅寺」ですが、「ねねの寺」として親しまれています!

こちらのシダレザクラも見事で夜間ライトアップも実施されます!

徒歩で約5分の距離なので花見はしごもおすすめです!

美味しいコーヒーでほっと一息!Arabica Kyoto Higashiyama

京都を中心に世界に展開している「アラビカコーヒーロースター&ファーム」の一号店です。

スタイリッシュでコンパクトな店内でイートインも可能!

美しいラテアートは見た目でなく味も素晴らしいです!

円山公園の花見をバックに写真を撮るのもお洒落♪

円山公園のへのアクセス方法

円山公園の基本情報
  • 名称:円山公園
  • 住所:〒605-0071 京都府東山区円山町
  • 入園料:無料
  • 年中無休

円山公園へのアクセス方法は

  • バス
  • 電車(京阪・阪急)
  • 地下鉄

それぞれ京都駅からアクセスする場合の情報をご紹介します!

電車・バスでのアクセス

バスの場合

「京都駅」から市バス100・206系統で「祇園」下車

  • 料金:230円
  • 所要時間:約25分
  • 円山公園まで徒歩3分

乗り換えもなくわかりやすいのがバスです。

京都はバス移動が多いので、本数も多いので移動しやすいです。

ただ花見時期の道路は混雑するので、予定の到着時刻より大幅に遅れる可能性も!

電車(京阪)の場合

京阪

「JR京都駅」から「JR東福寺駅」へ、京阪本線に乗り換えて「京阪東福寺駅」から「祇園四条駅」下車

  • 料金:290円
  • 所要時間:約16分
  • 円山公園まで徒歩で10分

最寄駅の「祇園四条駅」を下車すると、八坂神社まで商店街がずらりと続いています。

八坂神社を越えるとすぐ円山公園に行き着きます。

円山公園までやや歩く距離ですが、商店街には京都らしいお店が並んでいますので楽しみながらあっという間に円山公園に到着します!

地下鉄の場合

京都市営烏丸線「京都駅」から「烏丸御池」で乗り換え後、京都市営東西線「烏丸御池駅」から「東山駅」下車

  • 料金:260円
  • 所要時間:260円
  • 円山公園まで徒歩15分

こちらも円山公園までやや歩く距離ですが、円山公園の北側に位置する知恩院が最寄です。

知恩院の巨大な三門前をはじめ、こちらも美しい花見を楽しむことができます!

せっかくなので寄り道しながら円山公園に向かうのもいいですね。

車でのアクセス

車の場合

京都駅からですと約4km前後の距離、所要時間は20分前後です。

花見時期は特に道路は混雑が予想されますので、到着まで倍以上かかる場合があります!

円山公園の花見2023の駐車場

続いて駐車場の情報をご紹介します。

やはり有名な花見の観光地ということもあり、駐車場はたくさんありますね。

以下、おすすめの駐車場をご紹介します!

市営京都市円山駐車場

  • 住所:〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側
  • 料金:30分/300円
  • 最大料金:平日は入庫後12時間/最大1500円
    • 土日祝は最大料金の適用はありません
  • 収容可能台数:134台
  • バイク:30分/100円で利用できます!

周辺の駐車場より収容可能台数が多いが特徴です!

円山公園最寄りの駐車場でアクセスも良好でおすすめです!

タイムズ総本山知恩院新門南

  • 住所:〒605-0073 京都府東山区祇園町北側317
  • 料金:平日は15分/200円、土日祝は15分/300円
  •  最大料金:平日は8時〜20時/最大1200円、20時〜8時/最大料金1200円
    • 土日祝は8時〜20時/最大2400円、20時〜8時/最大料金1200円
  • 収容可能台数:34台

円山公園まで徒歩2分とこちらも好立地です!

平日の最大料金がリーズナブルで他の観光地散策を楽しみたい方におすすめです!

駐車場を予約しておけば確実

丸山公園の周辺駐車場をいくつかご紹介しましたが、お花見シーズンなどの混雑する時期は周辺駐車場がいっぱいになってしまうことも。

せっかく円山公園のお花見を楽しみに行ったのに、駐車場がスムーズに停められず予定が狂ってしまうなんて困りますよね。

少しでも駐車場の渋滞や混雑を避ける方法としておすすめなのが、あらかじめ駐車場を予約しておくこと。

  • 子連れなので絶対に車で行きたい・・・
  • 行き帰りの渋滞に巻き込まれたくない・・・
  • 少し遠くても駐車場は確保したい・・・
  • なるべく安く駐車場を利用したい

そんな方には・・・

akippa特P軒先パーキングなどの予約できる駐車場もオススメです。

akippa特P軒先パーキングは、空いている月極駐車場や個人の駐車場を格安で借りることができるので、目的地のかなり近くに駐めることもできますよ。

周辺パーキングの相場より半額以下で駐車場が借りられることも!

また、帰りに渋滞でなかなか出られない、という心配もほとんどなし!

私も京都観光に来るまで行く際は必ず利用する駐車場予約サービスですが、本当におすすめ!

目的地に着いてからの駐車場の心配をしなくて良いので、気持ちの余裕が全然違うんですよね。

しかも周辺パーキングより安く借りられることも多々ありましたので、ものすごいお得感♩

ぜひお出かけ前には周辺の駐車場が予約できないか、一度チェックしてみてくださいね。

\1日100円~!相場の半額以下がたくさん/

\スマホで簡単予約!/

京都・円山公園の花見2023の屋台やライトアップ情報まとめ

この記事では2023年の円山公園の花見の屋台や桜ライトアップはいつまで?開花状況や見頃をご紹介しました。

2023年円山公園の花見についてまとめ
  • 屋台は桜の開花時期に合わせて出店
    • 夜の21時ごろまで営業します。
  • 屋台とは別に京都らしい「花見茶屋」もおすすめ!
  • 夜桜ライトアップは3月24日頃〜4月10日頃、日没〜22時頃を予想
  • 桜の満開・見頃時期は、3月末〜4月上旬と予想
  • 混雑を避けられる時間帯は、平日・日中より午前中・夕方よりも夜
  • おすすめ周辺スポットの紹介
  • アクセス方法と駐車場の紹介
余談ですが雪景色の円山公園。花見はもちろん、様々な四季で違う表情を楽しめるのも魅力!

2023年の円山公園の花見は外国人観光客も戻ってきて、例年のように賑わいを見せると思います!

円山公園のシンボル「祇園のしだれ桜」をメインに、ぜひ花見を楽しんでみてください。

日中と夜でガラリと雰囲気が変わるのでどちらも見ておきたいですね。

引き続き新型コロナウイルスが流行してますので、感染対策をしっかりして行ってらっしゃい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次