MENU

茨城の潮干狩り2023穴場や無料のおすすめスポットはどこ?時期も調査!

茨城の潮干狩り2023穴場や無料のおすすめスポットはどこ?時期も調査!
  • URLをコピーしました!

お出かけしやすい気候が続くGWから初夏にかけて人気のレジャーといえば潮干狩り!

2023年の潮干狩りはどこへ行く予定かお決まりですか?

都心から日帰りでアクセスできる茨城県は潮干狩りできる場所が多く、気軽に楽しめるおすすめスポットです。

この記事では、人気がある茨城県での潮干狩りは穴場スポットがあるのか?無料で採取できる場所があるのか?などをまとめました。

実際に穴場スポットへ行ったのはいいけどまったく採れず残念な結果に…とならないよう採りやすい時期や潮見表にも触れています。

初めて潮干狩りへ行く方がおさえておきたい服装や持ち物も紹介しているので、ぜひ楽しい思い出作りのお役に立てますと幸いです。

目次

茨城の潮干狩り2023おすすめ穴場スポットはどこ?

茨城県の潮干狩り2023おすすめ穴場スポットは4ヶ所です。

  • 大竹海岸
  • 大洗サンビーチ
  • 日川浜海岸
  • 下津海水浴場

貝の資源を保護するために潮干狩りができるエリアが決められており、同じ海岸線沿いでも潮干狩り料金や駐車場料金などルールが異なります。

1ヶ所ずつ詳しく見ていきましょう。

潮干狩り穴場スポット①大竹海岸

潮干狩り穴場スポット1番目は、大竹海岸です。

茨城県鉾田市の「大竹海岸鉾田海水浴場」で、潮干狩りの時期にはハマグリまつりを開催しています

大竹海岸は1日に2回トラクターではまぐりが埋められるという人工的な潮干狩りスポットで、有料だけど確実に採りたい方におすすめの場所です。

2023年ハマグリまつり概要

開催期間4/22(土)~5/28(日)
時間10:00~/13:30~
(1日2回放流あり)
※天候や海の状況などにより変更になる場合があります。
料金大人 2,000円(中学生以上)
子ども 1,000円(小学生以上)
予約ハマグリまつり公式ホームページより>>
主催海の家 山田売店
駐車場約2,500台(無料)

大竹海岸での潮干狩りは砂浜に貝が撒かれるので、あまり海に入りたくないという方や小さなお子さんでも安心して採ることができます。

波打ち際でできるので貝の見つけやすさもポイントが高く家族連れに人気のスポットです!

県外からも人が多く訪れる人気っぷりなので放流時間の1時間ほど前には到着し、スタンバイしていると良いでしょう。

ハマグリまつりの開催場所は、売店が近くにあり潮干狩りに必要なグッズや飲み物なども売っているから手ぶらで行っても楽しむことができますよ。

大竹海岸の場所はこちら

住所:〒311-1513 茨城県鉾田市大竹

潮干狩り穴場スポット②大洗サンビーチ

潮干狩り穴場スポット2番目は、大洗サンビーチです。

大洗サンビーチは、北関東最大級の海水浴場で広くて水が綺麗で有名な場所。

潮干狩り概要

開催期間4月中旬~6月下旬
時間終日
料金無料
採取場所・第1サンビーチ
・第2サンビーチ
貝の種類・はまぐり
・こたまがい(ひらがい)
・ほっきがい(うばがい)
駐車場約5,000台
・普通車 1,000円
・中型車 1,300円
・大型車 3,000円
・二輪車 400円
※潮干狩り・海水浴シーズンは有料

大洗サンビーチの潮干狩りは無料で天然の貝を採れるのが魅力!

潮干狩り場となっておらず貝も人工的に放流していないため、自然と流れ着いた天然の貝を採取することができます。

大洗サンビーチで潮干狩りをしてもいいのは第1ビーチと第2ビーチで、第3ビーチは潮干狩り禁止区域なので覚えておきましょう。

採取しやすい日時は、大潮の日前後で干潮時刻の前後1時間ぐらいがおすすめです!

資源保護のため採っても良い貝の量やサイズ、使用できる道具が決まっているので、必ず確認しルールを守って採取しましょう。

大洗サンビーチの場所はこちら

住所:〒311-1311 茨城県東茨城郡大洗町大貫町 地先

潮干狩り穴場スポット③日川浜海岸

潮干狩り穴場スポット3番目は、日川浜海(にっかわはまかいがん)です。

千葉県銚子市との県境である茨城県神栖市で唯一、潮干狩りができるスポットになります。

潮干狩り概要

開催期間4月中旬~6月下旬
時間終日
料金無料
採取場所日川浜駐車場前の約200m
貝の種類はまぐり
駐車場600台(無料)

日川浜海岸は、白い砂浜が綺麗で大きな風車が一望できる景色の良い海水浴場としても人気のスポットです。

5月~6月にかけては潮干狩りだけでなく、サーフィンや釣りなどを楽しむ方たちも集まる海水浴場でとても賑わいますよ。

公衆トイレやシャワーも無料で利用でき、周辺にはコンビニや温泉施設もあるのでレジャーにぴったりの場所です。

以前は、神栖市の波崎海岸でも潮干狩りをすることができましたが、現在はできません。

ルールを守って潮干狩りを楽しみましょう。

日川浜海岸の場所はこちら

住所:〒314-0114 茨城県神栖市日川

潮干狩り穴場スポット④下津海水浴場

潮干狩り穴場スポット4番目は、下津海水浴場です。

茨城県鹿嶋市にある下津海水浴場(おりつかいすいよくじょう)は、水の透明度が高く県内の海水の水質検査でも高評価を得ています。

潮干狩り概要

開催期間4月中旬~6月下旬
時間終日
料金無料
採取場所下津海水浴場前の約300mほど
貝の種類はまぐり
駐車場約50台(無料)
※潮干狩り期間

下津海水浴場は駐車場から海岸まで近く、無料で天然の貝が採取できる穴場スポットです。

県外の方にはあまり知られておらず、普段はサーファーが多いので知る人ぞ知る場所となっています。

ライフガードが常駐しており、救護室やトイレも2ヶ所あるので小さいお子様連れでも安心して潮干狩りを楽しめますよ!

下津海水浴場の場所はこちら

住所:〒314-0004 茨城県鹿嶋市下津

茨城の潮干狩り2023無料のおすすめスポットはどこ?

茨城県で無料のおすすめ潮干狩りスポットは、大洗サンビーチです。

大洗サンビーチがおすすめの理由を以下にまとめました。

大洗サンビーチ

  • 天然の貝が採れる
  • とにかく広いから混雑時でもストレスを感じにくい
  • トイレや足を洗える水道がある
  • 高速ICから近くアクセス抜群
  • 潮干狩りだけでなく他にも楽しめる施設が周囲にある

お子様が潮干狩りに飽きてしまったら、大洗サンビーチの近くには大洗海浜公園・わくわく科学館などがあるので場所を変えて遊ぶことができます。

わくわく科学館は展示物やイベントがあり、大人も子供も楽しめるスポットです。

潮干狩りの疲れを癒したい方は、日帰り温泉施設「潮騒の湯」があるので身も心もすっきりできますよ!

茨城の潮干狩りができる時期はいつ?

茨城県での潮干狩りはおおよそ4月中旬から6月下旬までです。

気温が上がり始めて水温が心地よく感じるGWから初夏にかけてが、まさに絶好の潮干狩り日和といえるでしょう!

GW期間中は混雑が予想されるので、事前に混雑状況や渋滞情報などを確認してから行くことをおすすめします。

茨城の潮干狩り2023潮見表

潮干狩りを失敗に終わらせないために大切なのは、事前に潮見表をチェックすることです!

潮の引きが大きい日の、干潮時間の前後1時間ぐらいが潮干狩りに適しています。

詳しく干潮時刻を調べたい場合は気象庁の潮位表で確認してみてくださいね。

気象庁の潮位表はこちら>>

茨城の潮干狩り穴場スポットのルール

茨城県の潮干狩りは採取可能なエリアに制限があり、採ってもいい量や大きさなど他にもルールが定められているので1つずつ解説していきます。

採ってもいい重さは?

茨城の潮干狩りで採ってもいい重さは、1人当たり1日1kgまでです。

1kgより多く採ってしまうと、漁業権侵害などで罰せられる可能性がありますのでルールを守りましょう。

SNSなどで大量に採れたことを載せている方もいますが、くれぐれもまねをしないよう注意してくださいね!

採ってもいい貝の大きさは?

3cm以下のはまぐりやこたまがい、7cm以下のうばがいは採ってはいけません。

規定の大きさ以下の貝は持ち帰ることができません。

二枚貝資源保護として決められた大きさのルールも守りましょう。

使ってもいい道具は?

使える道具は、爪の長さ5cm未満・爪の幅20cm未満・柄の長さ50cm未満のものに限られます。

潮干狩りで使う道具といえば一般的に、熊手とバケツなのでこの2つがあれば道具の準備はOKです。

熊手は柄が木のものやプラスチックのものなどさまざまありますが、プラスチックだと重さや怪我の心配がなく使えて良いでしょう。

最近は潮干狩り会場でレンタルや無料貸し出しをしているところも増えているので、準備が難しい方は道具を借りるのもアリですね!

茨城の潮干狩り2023おすすめの服装と持ち物

潮干狩りへ行く際に、おすすめの服装や必要な持ち物を紹介します。

潮干狩りでは気付いたら日焼けをしてしまっていたということが多く、夏でなくても紫外線対策が必須です。

紫外線と同様に気にかけたいのが熱中症対策。

体が暑さに慣れていない時期のマリンレジャーは、こまめに休憩をとって水分補給をしましょう。

紫外線・熱中症対策の持ち物

  • ラッシュガードを着用する
  • こまめに日焼け止めを塗る
  • 帽子やサングラスを用意する
  • 飲み物を持って行く

潮干狩りは日陰の無い浜辺に長時間いるので、曇りでもラッシュガードの着用や日焼け止めの活用をおすすめします。

怪我防止の観点から下に着用するものは、女性はレギンスやトレンカの上にハーフパンツなど重ね履きが良いでしょう。

お子様は水着を着用し、長ズボンを履くと怪我防止や寒さ対策になりますよ。

男性はハーフパンツでも良いですが、靴下を合わせるとより怪我のリスクが低くなるでしょう。

潮干狩りは採取場所によって腰や胸の高さまで水に浸かる可能性も。

水に濡れて寒さを感じる場合や、急な天気の変化で風が冷たく感じることもあるので、体調を崩さないようしっかり持ち物を準備しましょう。

寒さ対策の持ち物

  • タオル
  • 羽織れるもの
  • 着替え

次は、貝の採取に必要な持ち物を紹介します。

貝の採取に必要な持ち物

  • 熊手
  • バケツ
  • 軍手
  • マリンシューズ・長靴
  • クーラーボックス

潮干狩りの道具を忘れてしまっても、貸し出ししていたり、販売していたりする場所もありますのでご安心くださいね。

潮干狩りは砂浜を歩いたり水に浸かったりするためビーチサンダルや裸足ではなく、足全体が覆われるマリンシューズの着用をおすすめします。

マリンシューズは脱げにくく底は滑りにくいものが多いので、お子さんにもぜひ用意してあげてくださいね!

その他便利グッズ

  • レジャーシート・ワンタッチテント
  • 絆創膏や消毒液など救急セット
  • 折り畳みの椅子
  • お子様用の食べ物

1日中海にいると意外と疲れるので、昼寝ができるテントや座れる折り畳みの椅子があると体もラクですよ。

また、道具で切ってしまったり岩場で擦りむいたりと思いがけず怪我することもあるので、絆創膏や消毒液など手当てできるものがあると安心です。

場所によっては、近くに飲食店やコンビニなど無いこともあるのであらかじめ周辺の情報を検索しておきましょう。

小さなお子さんと一緒に行く場合は、おにぎりやパンなど食べ物を用意していくと不機嫌にならず楽しめますよ!

茨城の潮干狩り2023穴場・無料のおすすめスポットまとめ

以上、茨城の潮干狩り2023穴場・無料のおすすめスポットを紹介しました。

茨城県の潮干狩り穴場スポットは、

  • 大竹海岸
  • 大洗サンビーチ
  • 日川浜海岸
  • 下津海水浴場

こちらの4ヶ所でしたが、2023年に行ってみたい穴場スポットは見つかりましたか?

潮干狩りの服装や持ち物は、わざわざ買わなくてもお手持ちの物で十分ですが紫外線や寒さ対策ができるものを忘れずに持って行ってくださいね。

潮干狩りに適した時期はGW~6月にかけてなので、GWの予定がまだ無い方も潮見表をチェックして、ぜひ茨城県まで足を運んでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次