MENU
\ ポイント最大9倍! /

ガトーショコラを渡すまで常温で持ち運び・放置しても大丈夫?適切な保存方法も!

ガトーショコラを渡すまで常温で持ち運び・放置しても大丈夫?適切な保存方法も!
  • URLをコピーしました!

プレゼントしやすいチョコレートのお菓子で、ガトーショコラを手作りされる方も多いですよね。

でも作ってすぐに渡せず、渡すまでに時間がかかってしまう場合どうしたらよいのか迷われたことはありませんか?

せっかくプレゼントするなら、できるだけ良い状態で渡したいですよね。

そこで、この記事ではガトーショコラを渡すまでの注意点をまとめてみました。

  • 常温で放置しても良いのか
  • 常温で持ち運びしても良いのか

渡すまでの正しい保存方法とポイントを押さえて、美味しいガトーショコラをプレゼントしてくださいね♩

目次

ガトーショコラを渡すまで常温で持ち運び・放置しても大丈夫?

ギフトボックスを両手で持っている

ガトーショコラを渡すまでの間、常温での持ち運び・放置はおすすめできません!

常温保存をしていると、雑菌が繁殖して傷みやすくなってしまうんですよね。

そもそも「ガトーショコラ」とは一体どんなケーキなのでしょうか。

ふんわりしっとりが特徴のガトーショコラの材料には生クリームと卵が含まれています。

(常温保存だと)

  • 夏は1日
  • 冬は2日程度

つまり賞味期限があまり長くありません。

渡すまで常温保存は避け、冷蔵庫で保存し早めに食べ切るようにしましょう。

保存と持ち運ぶ際どちらにも、温度管理が必要ということになりますね。

ガトーショコラを渡すまで常温で持ち運び・放置する際の注意点

3つの紙袋が外に置いてある

せっかく作ったんですから、美味しい状態で渡したいですよね。

ガトーショコラを渡すまで、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

常温での持ち運びや放置について、注意点をまとめてみました。

焼きたては注意

焼きたてのガトーショコラが皿に乗っている

焼きたてのガトーショコラの粗熱をしっかり取らないと、包んだ時に水滴が溜まって傷む原因に。

贈り物など包んで運ぶなら、作ってすぐの焼き立てのガトーショコラは必ず冷ましてからにしましょう。

ふんわり、しっとりが特徴のガトーショコラの注意点をご紹介します。

ガトーショコラが焼きあがった後の手順

  1. 型から外さず、そのまま常温で冷まし粗熱をとる。
  2. その後、室温が10℃以下の場所で保存する。

ガトーショコラは冷ますことによって、風味が凝縮されて美味しくなります。

完成してから渡すまで10℃以下を保つことが、美味しさと品質を保つポイントです。

 

持ち運び時間と気温

寒い時期なら1~2時間程度であれば問題ありませんが、美味さを保つために10℃以下を保つ必要があります。

渡すまでの持ち運びの間は、何に気を付ければ良い?

ガトーショコラは生素材を使っているので、常温での持ち運びは基本NGになります。

ですので、寒い時期以外も含めて10℃以下に保つことを意識して持ち運びしましょう。

時間内であっても生食材使用していますので、異変がないか常にチェックしておきましょう。

持ち運びする直前まで冷やしておく

焼いて粗熱が取れたガトーショコラは、持ち運び直前まで冷蔵庫に入れておきましょう。

ガトーショコラのしっとり感乾燥で損なわれないために、ラップすることをおすすめします。

ラップをする際は、粗熱がきちんと冷めてからにしましょう。

蒸気で水滴が付いてしまうと、傷む原因になります。

渡す直前までは、冷蔵庫に入れておくのがおすすめです!

常温に放置することはないように気を付けましょう。

なるべく保冷剤や保冷バッグを使う

ガトーショコラを渡すまで、10℃以下の状態を保つよう保冷剤・保冷バッグを使用しましょう。

冷蔵庫から出したガトーショコラを、10℃以下に保つのはなかなか難しいです。

渡すまでにも少なからず時間も経ってしまう…。

寒い時期ならまだしも、夏場は傷みやすいので、保冷剤や保冷バッグを使用することをおすすめします!

保冷剤を入れた場合、食べるまで約3時間くらいは保てますので安心ですよ。

常温保存に適したガトーショコラのレシピ

溶けたチョコレートをミキサーで混ぜている

ふんわり、しっとりが特徴のガトーショコラには、生クリームが含まれています。

これらの生食材によって、常温での保存には注意が必要になりますよ。

そこで、生クリームを使用しないレシピをご紹介いたします!

(材料)

  • チョコレート 200グラム
  • 卵 3個
  1. チョコレートを電子レンジで500W、2分加熱する。
  2. 溶けたチョコレートを混ぜて、そこにかきまぜた卵を少しずつ入れて混ぜていく。
  3. 耐熱性の容器にクッキングシートをしき、2の生地を入れて上にふんわりラップをかける。
  4. 電子レンジで500W、4分〜5分加熱して粗熱がとれるまで冷ます。
  5. 完成♩

とても簡単に、メレンゲなしのしっとりガトーショコラが作れちゃいます♩

生クリームは使用していませんが、気温が10℃以上の場合は渡す直前まで冷蔵庫に入れて置くのが良いでしょう。

また、渡すまでの時間が長い場合は、保冷バッグ保冷剤も忘れずに用意しておきましょうね!

ガトーショコラを渡すまで常温で放置しても大丈夫かまとめ

ガトーショコラを、大切な人に渡すまでの方法をまとめてみました。

渡すまでの時間温度によって、味や品質を損なわないためにいくつか注意点があります。

  • 常温ではなく、10℃以下に保存する
  • 持ち運びの際は、保冷剤と共に保冷バッグに入れる。

ガトーショコラを常温に放置すると、味だけではなく衛生上よくありません。

しかし、簡単な保存方法で美味しい状態で渡すことができちゃいます!

美味しく食べてもらうために、これらの方法を試してみてはいかがでしょうか。

ガトーショコラを渡すまでの準備ができたら、早速大切な人に渡してみましょう♩

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次