MENU
\ ポイント最大9倍! /

フライパンの26cmと28cmはどっちが便利?深型と浅型についても徹底比較!

フライパンの26cmと28cmはどっちが便利?深型と浅型についても徹底比較!
  • URLをコピーしました!

フライパンのサイズ選びに悩んだ経験はありませんか?

私は特に26㎝28㎝の微妙な差に悩みました!

フライパンはかさばるので何種類も揃えるのは収納スペース的に難しいですよね。

フライパン選びを失敗したくない!

フライパン選びを失敗しないためにも、情報収集は欠かせませんよね♪

そこで今回、フライパンの

  • 26㎝28㎝はどっちが便利か
  • 深型浅型はどっちが便利か

について比較しました!

おすすめのフライパンや、フライパンの豆知識も紹介しているので、フライパン選びの参考にしてくださいね♪

目次

フライパンの26cmと28cmはどっちが便利?

フライパンの画像

フライパンのサイズ選びは結構悩むんですよね・・・

26㎝と28㎝のフライパンはどっちが便利なんでしょう?

数字でみるとわずか2㎝の差ですが、この2㎝が大きな違いなんです!

どっちが便利なのか詳しく見てみましょう。

一人暮らしは26㎝もおすすめ

一人暮らしの人やフライパンの使用頻度が少ない人は26㎝のフライパンがおすすめです。

一人暮らしの場合、収納場所が狭いことがありますよね。

2㎝の差とは言え、コンパクトに収納できるのは助かります!

また、少量しか作らない場合は26㎝より小さいフライパンを選ぶのもおすすめですよ♪

フライパンの種類についてはこの後詳しく載せているので、このまま読み進めてくださいね。

二人以上は28㎝が使い勝手良い

二人以上の料理を作るなら28㎝の方が使い勝手良いですよ!

26㎝のフライパンと比べると2㎝の差ですが、使ってみると使い勝手の良さに驚きます。

鶏肉焼くのも余裕で2枚並べられます!

鶏肉が重なってしまって火の通りが均一にならないのはストレスですよね・・・

それと、ハンバーグを5個焼く時にキチキチに並べなくて良いので余裕でひっくり返せるのに私は感激しました!

ちなみに、28㎝のフライパンならパスタを折らずに茹でれますよ♪

沢山の量を調理するなら28㎝のフライパンが便利なことがわかりましたね。

28㎝のフライパンには不便なことは一つもないのでしょうか?

26㎝と28㎝のフライパンそれぞれのメリット・デメリットを詳しく見てみましょう!

フライパン26㎝と28㎝のメリット・デメリット 

メリットとデメリットの文字が書かれた画像

量を沢山作る時は、28㎝のフライパンの方が使い勝手が良いことがわかりました。

場合によっては、26㎝の方が便利なこともありますよ。

そこで、26㎝と28㎝のフライパンのメリット・デメリットをそれぞれ比較してみましょう!

26㎝のフライパン

メリットデメリット
コンパクトで収納に便利
軽くて調理が楽
大量の食材を調理するのは難しい
大人数分の調理には不向き
一度に調理出来ない時は時間のロスになる

28㎝のフライパン

メリットデメリット
大人数分の調理が効率よくできる
大きな食材にも対応できる
大きいので収納に困ることがある
洗うのが大変
乾かす時にスペースを取る
重いので慣れるまで大変

家族の人数や、普段作る料理の量を目安にフライパンを26㎝・28㎝どちらにするか決めてくださいね♪

フライパンは大きさの違いだけではなく、深さの違いがありますよ。

深型と浅型の、どっちが便利なのか見てみましょう!

フライパンの深型と浅型はどっちが便利?

フライパンの画像

フライパンの種類には、深型浅型があります。

どっちが便利なのか気になりますよね。

何種類もフライパンを揃えるのは収納が難しい・・・

フライパンの特徴を知った上でフライパン選びをしてくださいね♪

煮込み料理は深型

深型フライパンは、汁気の多い煮込み料理に適していますよ!

煮込み料理以外にも深型フライパンは役立ちます♪

深型フライパンで可能な調理方法

  • 煮物
  • 具材たっぷりの炒め物
  • 揚げ物
  • 蒸し焼き

深型フライパン一つあれば色んな料理に使えますね♪

ただ、深さがあるだけあって重いのと収納スペースを広く取るのが難点です。

収納場所に困る・・・

そんな時は、取っ手が取り外しできるタイプがおすすめですよ♪

炒め物は浅型

浅型フライパンは、炒め物に適しています。

具が溢れんばかりの炒め物なら深型フライパンがおすすめですが、ちょこっと炒めるなら浅型フライパン!

軽いので、力の弱い女性でも難なく使いこなせますよね♪

子供さんがお手伝いする時も浅型フライパンがおすすめです!

浅いので中身を覗き込まずにフライパンの中の様子がしっかり横から見えますよ♪

フライパンには色々種類がありますね!

26㎝と28㎝以外にも深型か浅型か選べたら料理のバリエーションが広がりそうです♪

フライパンには様々なメーカーがありますよ!

そこで、おすすめのフライパンを紹介します♪

おすすめのフライパンを紹介

吹き出しにオススメと書かれた画像

フライパン選びで抑えたいポイントは5つあります。

  • くっつきにくい
  • 使い勝手が良い
  • 熱ムラが少ない
  • 熱伝導率が高い
  • 蓄熱される

これらを踏まえたうえで、おすすめのフライパンを3つ紹介しますね♪

26㎝と28㎝のどっちも取り扱っているメーカーを厳選しました!

ニトリ

「IH・ガス火スピンコーティングフライパン」

軽くて使いやすく何よりお手頃価格

2年以上使用してもくっつきにくいとレビューがありました♪

ティファール

「インジニオ・ネオ IH・アンリミテッドフライパン」

ティファールのフライパンは有名ですよね!

世界で初めてふっ素樹脂加工を発明したティファールなら信頼できる品質の良さです。

くっつきにくさだけでなく、取っ手が外せるのもポイント高いですよね♪

取っ手は別売りですよ!

CAROTE

「PFOA PFOS」

値段もお手頃で何よりオシャレ

焦げ付きにくい!とレビューも高評価ですよ。

新しい調理器具を揃えると料理が楽しくなりますよね♪

毎日の食事作りに欠かせないフライパン!

自分好みのフライパンを探してみてくださいね♪

ところで、フライパンのサイズの種類を具体的に知っていますか?

フライパンの豆知識を紹介します!

フライパンの豆知識

一文字ずつ吹き出しでおやくだちと書かれた画像

フライパンのサイズ容量など、何となく知っているけど詳しく知らない人は多いはず!

フライパンの豆知識を紹介します♪

フライパン選びの時、26㎝と28㎝のどっちにするか参考になると思いますよ!

フライパンのサイズ一覧

一般的にフライパンは14㎝~33㎝まで幅広くサイズ展開されています。

フライパンのサイズは大きくわけて3つに分類されますよ!

サイズの一覧を見てみましょう♪

今回は、玉子焼き用の四角いフライパンや業務用のフライパンは除きます。

小型サイズ

  • 直径:14~20
    • 一人分や、さっとした物を焼くのに便利

中型サイズ

  • 直径:22~26
    • フライパンの種類が多いサイズ

大型サイズ

  • 直径:28~33㎝のフライパン
    • 大量調理に便利

私は6人家族ですが、個人的にはフライパン28㎝20㎝のダブル使いが便利です!

ウインナーや目玉焼きを焼くだけなら小さなフライパンで充分ですよね。

26㎝のフライパンもありますが、使用頻度は少ないです。

容量は何リットルか

フライパンの容量は何リットルか記載してある商品は少ないんです。

そこで、実際に家にあるフライパンで容量を検証してみました!

フライパンのメーカーによっても多少の差があると思うので、目安程度に考えてくださいね。

フライパンのサイズ容量
20㎝1L
24㎝(浅型)1.5L
26㎝(浅型)2.4L
28㎝(深型)3.5L

記載した量は、フライパンに水をなみなみ注いだ量ですよ。

28㎝深型フライパンの容量が一番多いことは一目瞭然ですね!

サイズの測り方

フライパンのサイズの測り方は、縁の内側の直径を測りますよ。

ポイントなのは、ではなくて上側

フライパンの底は縁よりも小さいですよね。

底面を測ってしまうと、表記サイズよりも小さくなってしまうので注意してください!

素材別の比較

フライパンの素材には色々種類がありますよね。

一般的なフライパンの素材別に、重さや耐久性などを比較してみましょう!

今回比較する素材は4種類です。

  • アルミ
  • ステンレス
  • チタン
アルミステンレスチタン
重さ
値段
耐久性
お手入れ
熱伝導

アルミのフライパンがお手頃価格機能性も良いことがわかりますね♪

フライパン選びの参考にしてください!

フライパンの26㎝・28㎝と深型・浅型どっちが便利かまとめ

フライパンの26㎝・28㎝深型・浅型のどっちが便利か調査しました!

一人暮らしの人や、フライパンの使用頻度が少ない人なら26㎝のフライパンがおすすめです。

二人分以上の調理をする機会が多い人には28㎝のフライパンの方が使い勝手が良いですよ♪

深型と浅型フライパンにはそれぞれ向いている調理方法があります!

フライパンの豆知識についても載せているので、フライパン選びの参考にしてくださいね。

自分の生活スタイル料理のバリエーションに合ったフライパンが選べますように♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次