MENU

袋サラダは体に悪いって本当?カット野菜に含まれる栄養や添加物を解説!

袋サラダは体に悪いって本当?カット野菜に含まれる栄養や添加物を解説!
  • URLをコピーしました!

スーパーやコンビニで手軽に手に入る袋サラダカット野菜)。

サラダを食べたいな…でもキャベツの千切りは面倒…と感じたときにお世話になっています。

最近は様々なカット野菜が豊富に取り揃えられていて便利ですよね。

そんな袋サラダが体に悪いと噂されています。

確かに日持ちするし変色しないし、危険性はないのか心配になりますよね。

今回は袋サラダが体に悪いって本当なのか、カット野菜に含まれる栄養添加物なども解説していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

目次

袋サラダ(カット野菜)は体に悪い?危険と噂されている理由

袋サラダが開封している画像

袋サラダ(カット野菜)は体に悪いし危険!とネット上では噂の声が上がっています。

最近の野菜の高騰の中でも、価格が一定していて手に入れやすい袋サラダ。

我が家もキャベツ1玉ではなく、食べたい分だけ安く手に入る袋サラダを書くことが増えました。

便利でお財布にも優しいのに「体に悪い」「危険」なんて言われると購入を躊躇ってしまいますよね。

袋サラダの体に悪いと言われている噂について、確認していきましょう。

噂①|調理の工程で消毒・殺菌している

袋サラダの野菜には「次亜塩素酸ナトリウム」を使って消毒殺菌されています。

調理の大まかな工程としては…

  • 野菜をカットし、洗浄。
  • 殺菌し、再びよく洗浄。
  • 水切り後、包装。

「次亜塩素酸ナトリウム」は、国内で認められている食品添加物の一つで、微生物や菌を増やさない役割を持ちますよ。

適切な方法で使用し、安全に配慮して包装されています。

噂通り調理の工程で消毒や殺菌をおこなっていますが、危険な薬品を使っているわけではないのでご安心を。

国で認められた正しい方法で消毒・殺菌し、私たちの食卓に並ぶ時は安心して食べられるよう配慮されていますよ。

噂②|変色しない

袋サラダが変色しないのは、袋内に「窒素」が充填されているからです。

野菜をカットすると、切り口からどんどん黒ずんでいきますよね。

なのに、袋サラダは変色しないので、体に悪いもので彩りを保っているのではないかと心配になります。

野菜の切り口が黒ずむのは、切り口が酸素に触れて野菜の成分と反応してしまうからなんです。

カット野菜に大敵となる酸素に触れないよう、袋サラダには「窒素」を入れて変色を防止しています。

危険な添加物を混入して変色を防いでいるわけではないので、安心して食べることができますよ。

噂③|栄養素がほとんどない

袋サラダで失われる栄養は「水溶性ビタミン」のみ。

袋サラダに加工される野菜は洗浄や消毒など念入りに加工されているので、栄養素がほとんどないのではと心配になります。

実際、袋サラダに加工すると失われる栄養素があるのは事実です。

袋サラダから抜ける主な栄養素は…

  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2

のような水溶性ビタミンは多少抜け出してしまうようです。

スーパーで購入した野菜をカットし、水で洗う過程でも抜け出す栄養素ですので、カット野菜に限らず抜けやすい栄養素ですよ。

ですので、袋サラダで栄養素がほとんどないと言うわけではありませんので、栄養を摂りたい方にもおすすめです!

袋サラダ(カット野菜)の栄養は?

レタス・トマト・にんじん・かぶ・かぼちゃが並んでいる画像

袋サラダ(カット野菜)には栄養素が含まれています

先述したように、水溶性ビタミンは多少抜け出してしまいますが、栄養がないわけではありません。

袋サラダでもきちんと栄養が摂れますので、忙しい時でも野菜は食べたいときに選ぶのもおすすめです。

袋サラダに含まれる主な栄養素は…

  • ミネラル
    • カリウム
    • カルシウム
    • マグネシウム など
  • 食物繊維
  • フィトケミカル

フィトケミカルとは、「フィト=植物」「ケミカル=化学成分」という意味を持ちつ機能性成分。

免疫力向上美容効果など、健康に生き生きと過ごすための成分が含まれます。

抗酸化作用のある「ポリフェノール」も分類されますよ。

いろんな工程で加工されている袋サラダですが、体に大切な栄養素がきちんと摂取できます。

忙しくても野菜を摂りたい時にぴったりですよね。

袋サラダ(カット野菜)の添加物は?

添加物と黒板に書かれている画像

主に袋サラダ(カット野菜)には、「次亜塩素酸ナトリウム」以外の添加物を使用していない場合が多いです。

先述したように、安心安全に袋サラダを製造する工程で欠かせない「次亜塩素酸ナトリウム」。

塩素系のハイターにも使用されている漂白成分ですが、適切な量だけを使用しているので安心して食べられます。

有名な袋サラダメーカーでも保存料は不使用です。

野菜を洗う際には、水道水にも含まれている殺菌料を使用していますが、それ以外の保存料※2を含む添加物は使用していません。
尚、製造工程の最後に冷水でよくすすぎ洗いを行っており、お客様が召しあがる際には殺菌料の残留が水道水レベルより下回っていることを確認しております。
※水道水への殺菌料の使用は、厚生労働省より使用を推奨されています。
※2 コーンを使用した商品を除きます。

引用元:サラダクラブ公式サイト

気になる防腐剤や保存料が使われていないなら、安心できますね。

国が認めた消毒剤による殺菌・消毒での加工のみの添加物使用がほとんどなので、安全性が高いと言えます。

袋サラダ(カット野菜)がおすすめな理由

サラダを食べる女性の画像

袋サラダ(カット野菜)は、忙しくても栄養を摂りたい方にこそおすすめしたい!

袋サラダは体に悪い噂はありましたが、実際調査すると安全で栄養素も含まれていることがわかりました。

袋サラダだからこそのメリットもたくさんあり、野菜をしっかり摂りたい忙しい方に特にぴったり!

日常的にも袋サラダを使い分けるのも良いですよね。

袋サラダがおすすめな理由を紹介していきます!

安全性が高いので安心して食べられる

しっかり消毒・殺菌して加工しているので、安全性が高く安心して食べられます!

一番気になる安全性は、お伝えしてきた通り、徹底して管理されて製造されていますよ。

製造している事業所は、食品衛生法で規定されている内容を遵守することを義務付けしています。

使われている「次亜塩素酸ナトリウム」は安全性が高い方法で使用していますので、安心して食べることができますね!

衛生的で日持ちする

一般的には加工日から3〜5日持つので、賞味期限内の未開封なら新鮮で衛生的な状態で食べられます!

袋サラダは、酸化するのを防ぐため窒素を充填しています。

変色を防ぐほか、野菜の鮮度も保ってくれますので、賞味期限の間は新鮮さがキープされていますよ。

キャベツを千切りで何日か保存したくても2日目くらいには黒ずんでダメになります…!

このような経験をよくするのですが、袋サラダの場合は、使い切りのサイズ感で販売されているので新鮮なうちに使いきれるのもポイント。

もちろん開封したらなるべく早く食べることをおすすめします。

また、これは衛生的に加工されているからこそ、袋サラダは洗わずそのまま食べられるものが多いです。

外出先のランチでサラダを食べたい…!というシーンでも重宝しますね♩

とにかく時短で調理できる

時間がない時でも野菜を摂りたい!そんな時に使い勝手がいいのも袋サラダのおすすめポイント!

子供がいる我が家では、なかなか満足に調理時間を確保できない!

子供相手にするとなかなか調理に集中できないため、時短で済ませることが多い毎日です。

野菜をカットするのって結構手間がかかりますよね。

一人暮らしの方にとっても、一人分を切る手間とか一人分のサラダを用意する面倒さってありますよね。

ご家庭様々な事情で時短したい!でも野菜は摂りたい!と思う方は多いはず。

そんな時に袋サラダは重宝します!

なんといっても袋を開けて盛り付けるだけ!

とにかく時短ができて栄養が摂れるので、便利なアイテムです。

袋サラダ(カット野菜)を毎日食べたい!サラダレシピ

キッチンで料理をする母と娘の画像

袋サラダ(カット野菜)を美味しく食べるおすすめサラダレシピを紹介します!

毎日食べたい!そんな手軽で栄養素がしっかりとれる美味しいレシピです。

今回ご紹介するサラダレシピは…

  • ナッツ入りコールスロー
  • カレー風味のサラダホットドッグ
  • サラダ生春巻き

の3品です!

彩もいいので、食卓に並べると気分も上がりそう♩

ぜひ試してみてください!

ナッツ入りコールスロー

コールスローの画像

ナッツの食感がアクセントの簡単ごちそうコールスローです!

材料

  • 袋サラダ(キャベツ) 1袋
    • にんじん・コーンが入ってると美味しいです!
  • ナッツ(くるみ)適量
    • 他のナッツに置き換えてもOK!
  • ツナ缶 半分
  • 塩 小さじ1/4
    • 塩揉み用に使います。
  • マヨネーズ 大さじ2
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 酢 小さじ1/2
  • レモン汁 少々(あればでOK!)

レシピ

  • 袋サラダに塩揉み用の塩をふりかけ、10分ほど置く。
  • ナッツを少し粗めに刻む。
  • 塩揉みした袋サラダの水分をしっかり絞る。
  • ツナ缶半分と調味料を袋サラダに加えてよく和える。
  • 最後にナッツをふりかけて完成!

袋サラダ一袋が一瞬で消えるレシピです!

ドレッシングをかけたサラダだけだと飽きて食べづらい…という方におすすめです!

カレー風味のサラダホットドッグ

小ぶりなホットドッグが4つ盛られている画像

朝食にぴったりなカレー風味が食欲をそそるホットドッグです!

材料

  • 袋サラダ(キャベツ) 1袋
  • ロールパン 6個
  • ウインナー 6本
  • カレー粉 小さじ1
  • 塩胡椒 少々
  • サラダ油 適量
  • ケチャップ(トッピング用) 適量

レシピ

  • フライパンに油を敷き、ウインナーを軽く焦げ目がつく程度に焼く。
  • ウインナーを取り出し、同じフライパンに袋サラダを入れて量が少々減るまで炒める。
  • カレー粉と塩胡椒を少々加え、味をなじませる。
  • 切れ目を入れたロールパンに味付けした袋サラダ、ウインナーを乗せてオーブントースターで約3分焼く。
  • お好みでケチャップを塗ったら完成!

簡単なのに、カレー風味がプラスされるだけでごちそう感がアップします!

私は幼い頃から食べている週末の朝食の定番メニューです♩

袋サラダで作れるカレーキャベツは、絶品なのに時短でおすすめですよ!

サラダ生春巻き

海老いりの生春巻きが斜めに並んでいる画像

おもてなし料理にもぴったりな生春巻きは袋サラダで手軽に!

材料

  • 袋サラダ(レタス・大根)1袋
    • キャベツやにんじんもおすすめ!
  • 大葉 8枚
  • ライスペーパー 4枚
  • ボイル海老 12匹
  • スイートチリソース 適量

レシピ

  • ぬるま湯もしくは水にライスペーパーを入れて戻す。
  • ライスペーパーを菱形に置いて、大葉→袋サラダ→海老の順に乗せる。
  • くるっと巻いて3等分にし、スイートチリソースを添えて完成!

スイートチリソースに限らず、ゴマだれなどお好みのソースでもOK!

見た目はもちろん味も美味しく、作りやすいのも特徴です!

袋サラダ(カット野菜)は体に悪い?まとめ

今回は、袋サラダ(カット野菜)は体に悪い?についてご紹介しました!

結論としては袋サラダは安全性に配慮されていて、栄養素もしっかり摂れる優秀なアイテムです!

製造工程で「次亜塩素酸ナトリウム」を使用しています。

安全に使用され衛生的に食べられるように国の基準を守って加工されていますので、体に悪いことはありません。

栄養素は製造工程で「水溶性ビタミン」が抜け出しますが、これはご家庭で生野菜を洗う時も同じです。

基本的なミネラルや食物繊維は摂取できますので、日常的に忙しくても野菜を摂りたい!という方にぴったりですよ!

保存料や防腐剤のような添加物も使用されていないのがほとんど!

ぜひアレンジレシピを活用して袋サラダ(カット野菜)を取り入れて時短調理してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次