MENU
\ ポイント最大9倍! /

チョコを溶かすのにレンジで失敗!焦げたけど食べれる?対処法や復活方法も

チョコを溶かすのにレンジで失敗!焦げたけど食べれる?対処法や復活方法も
  • URLをコピーしました!

今年のバレンタインは手作りをするぞ!

普段お菓子作りをしないけれど、バレンタインをきっかけでお菓子作りにチャレンジする方は多いと思います!

そこで直面するのがチョコを溶かす作業

湯煎で溶かすのが王道ではありますが、より手軽に溶かすなら電子レンジという選択肢があります。

ただ電子レンジは手軽なようで、実はコツを掴まないと難しいんですよね…!

電子レンジで溶かしてみたけど焦げちゃった!と失敗する方も多いのではないでしょうか?

チョコを溶かす作業って簡単そうに見えて難しい…!

今回はチョコを溶かすのにレンジで失敗してしまった!について

チョコが焦げた時の対処法復活方法はあるのか?

また焦げたチョコは食べれるのか

をメインにチョコを上手に溶かすコツホワイトチョコを電子レンジで溶かす時の注意点もまとめました。

もし電子レンジで溶かして焦がしちゃっても再利用して食べれるかもしれないの諦めないでくださいね!

目次

チョコを溶かすのにレンジを使ったら焦げた!失敗の原因は?

失敗の原因は加熱しすぎて水分が飛んでしまうから!

チョコは温度調整には細心の注意を払わないと溶かす際に失敗しがちです。

そもそも電子レンジは水分に反応して食品を温める仕組みになっています。

チョコは水分がほとんど含まれていないので高温で加熱したらチョコが分離したり焦げてしまうことがあります!

チョコは急激な温度変化ですぐに状態が変化してしまう、とっても繊細な食品

チョコ自体は温まりにくく、温度変化に弱いので早く溶かそうと適当に電子レンジを使用すると焦げの原因に。

電子レンジでチョコを溶かす場合はやり方を気をつけないと失敗しやすいので注意です。

チョコをレンジで溶かして焦げた時の対処法

チョコを電子レンジで溶かしたものの、うっかり焦がして失敗するのはあるあるです。

そんな時の対処法は生クリーム牛乳を混ぜる方法です!

沸騰直前まで加熱した生クリームや牛乳を、電子レンジで焦げたチョコによく混ぜ合わせます。

小さじ1〜大さじ1程度を少しずつ加えていきましょう。

しっかり混ぜた後に固めると、チョコはなんとか使用可能です。

あくまでもその場しのぎの対処法なので、完全に元通りは難しいので注意!

また、使用するのは生クリームの方が油分が多いのでおすすめですよ♪

チョコをレンジで上手に溶かすコツ

チョコを電子レンジで溶かす大きなメリットは、洗い物が少なくて時短で溶かすことができることです!

コツさえ掴めばとても簡単に手早くチョコを溶かすことができますよ♪

そこでチョコを電子レンジで上手に溶かすコツをご紹介します!

失敗しない!電子レンジで上手にチョコを溶かすコツ
  1. 最初から長い時間で電子レンジにかけない
  2. 見た感じ溶けていなさそうでも実は溶けている
  3. チョコ自体を溶かすのではなく、耐熱容器を溶かすイメージで

まず大前提で電子レンジでチョコを溶かす際は加熱しすぎないこと!

チョコを電子レンジで溶かすためのコツを一つずつ解説していきますね!

①最初から長い時間電子レンジにかけない

チョコは28度を過ぎると溶け始めて、60度を超えると変性してしまいます。

チョコの種類にもよりますが、まず最初は500w1分を目安に加熱しましょう!

一気に温めてしまうと高温になり焦げる原因になり失敗します!

おまかせモードはもってのほか!なので慎重に行いましょう。

②見た感じ溶けていなさそうでも実は溶けている

電子レンジで加熱して取り出した際、チョコの形が保たれたまま溶けていないように見えることがあります。

この場合は実は溶けていることが多いのでゴムベラで優しくかき混ぜてみましょう

かき混ぜるととろりと溶け出しますよ。

まだそれでもうまく溶けていない場合は、失敗しないよう10秒ずつ加熱して様子を見ましょう。

③チョコ自体を溶かすのではなく、耐熱容器を溶かすイメージで

チョコに着目するのではなく、耐熱容器の温度に着目することで綺麗に溶かすことができます!

耐熱容器が温かければ、その余熱でチョコが溶け出しますよ。

どうしてもチョコ自体の溶け具合を見てしまいますが、耐熱容器に注意を向けることが成功のコツです!

電子レンジでチョコを溶かす時はそばを離れないことも大切です!

失敗しやすい電子レンジでチョコを溶かす作業ですが集中して丁寧にやってみましょう♪

ホワイトチョコを電子レンジで溶かすときは爆発に注意!

また、電子レンジでホワイトチョコを溶かすときは特に注意が必要!

なぜならホワイトチョコは焦げ付きやすく、爆発する恐れがあるからです。

ホワイトチョコは乳成分と油脂分が多く含まれていて熱に弱いのが特徴。

乳成分は焦げやすく、油脂分は熱くなりやすいことから電子レンジで溶かすと失敗しやすいです。

ホワイトチョコの融解温度は40〜45度

定番のチョコもそうですがホワイトチョコも水分がほとんどありません。

この温度を超えてしまうとすぐに焦げついてしまうので注意が必要です!

電子レンジのおまかせモードは絶対使わないようにしてくださいね!

すぐに焦げ付き発火してしまい、爆発する可能性があるので必ず500w50秒〜温めるようにしてください。

焦げたチョコを復活させる方法

焦げ焦げになってしまった場合、チョコの復活は厳しいと思われます。

ただ、一部分だけ焦げていたりボロボロに固まっている場合なら復活できるかもしれません。

焦げ固まったチョコの復活方法は対処法で説明した方法で試してみましょう!

沸騰直前まで温めた生クリームか牛乳で小さじ1〜大さじ1程度を少しずつ混ぜてはかき混ぜて馴染ませていきます。

必ず少量ずつ優しく混ぜていきましょう。

面倒だな…と思って一気に入れると固まらなくなります。

チョコがあまりにも焦げてしまい固まっていると、チョコの油脂分が溶けなくなっているので復活は難しいです。

失敗して焦げたチョコの状況を見て試してみてくださいね!

チョコが焦げたけれど食べれる?

電子レンジでチョコを溶かして焦げてしまったけど、食べれるのか気になりますよね。

結論から言うと焦げたチョコは食べれる

焦げが酷かったり、ボロボロになってしまった時は正直美味しくはないです。

また焦げを食べると体に害があるんじゃないか?と思われがちですよね。

焦げには発がん性のアクリルアミドを発生させる原因があり、これはメイラード反応という化学変化で起こります。

この反応は香ばしい香りを発生させるので料理人はうまく活用して料理に利用することも。

そう言われるとがんになるリスクがありそうで怖い!と思いますよね。

実際それでがんになるにはバケツ一杯の焦げを毎日摂取するようなものなので、そこまで気にする必要はなさそう

でも正直焦げたチョコを無理やり食べる必要はないですが、それほどの味でなければ別の方法で消費しましょう!

失敗して焦げたチョコのアレンジ方法
  • ホットチョコレート
    • ホットミルクで溶かすだけで簡単に完成!お手軽に試せます。
  • 焼きチョコ
    • 丸めてアルミホイルの上に並べてトースターで焼いて完成!

また美味しそうなレシピもありましたので紹介しますね♪

Cpicon バレンタイン☆失敗チョコでトリュフ by だんどり亭

チョコを溶かすのに電子レンジで失敗したら、食べれるか判断した上で試してみてください♪

チョコを溶かすのにレンジで失敗まとめ

今回はチョコを溶かすのにレンジで失敗!焦げたけど食べれる?対処法や復活方法についてご紹介しました!

チョコを溶かすのにレンジで失敗まとめ
  • 失敗の原因は加熱しすぎで水分が飛んでしまうから
    • チョコはとても繊細!電子レンジで温めるには水分が少なく焦げやすい。
  • 焦がした時の対処法は生クリーム牛乳を混ぜる
    • 沸騰直前まで温めたものを少しずつ加えて優しくかき混ぜる!
  • チョコを電子レンジで上手に溶かすのは加熱しすぎないこと
    • 500w1分から始めて様子を見ながら10秒ずつ足して加熱しましょう。
  • ホワイトチョコは乳成分油脂分が多いので焦げやすい
    • 溶解温度は40〜45度と低めなので加熱しすぎで爆発の可能性も!
  • 焦げたチョコは焦げ具合にもよるが生クリームか牛乳を混ぜて復活可能
  • 焦げたチョコは食べれるがあまり美味しくはないので自己判断で
    • 焦げ具合によるが、ホットチョコや焼きチョコにリメイクも

いかがでしたでしょうか?

バレンタインでチョコを手作りするときに直面する溶かす作業は避けられないですね。

湯煎も水が入らないように気を使いますし、電子レンジも加熱しすぎないように注意が必要です。

電子レンジでチョコを溶かすことができれば楽ですからね♪

ぜひコツを参考にしてチャレンジしてみてください。

焦げても失敗は成功のもと!

美味しいチョコを作って素敵なバレンタインをお過ごしください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次